\ フォローしてね /

【デジイチ入門】レンズのメンテナンス方法(動画あり)

このライフレシピのもくじたたむ

デジタル一眼レフカメラ(デジイチ)で撮った写真が、レンズの汚れで台無しにならないように、簡単にできるレンズのメンテナンス方法を紹介します。

動画でみる

テキストでみる

STEP1:レンズキャップを外す

ブロアーとクリーニングクロスを用意し、レンズキャップを外します。レンズキャップは内側を下にして置き、キャップ内にホコリが入るのを防ぎます。

STEP2:ブロアーでホコリを飛ばす

レンズの球面にブロアーして、ホコリを飛ばしていきます。

レンズの球面を上に向けないように作業すると、新たなホコリが付着するのを防ぐことができます。

STEP3:クリーニングクロスで汚れを拭く

ブロアーでホコリを吹き飛ばしたら、クリーニングクロスを利用して汚れを拭き取ります。このときにホコリが残っていると、レンズの球面に傷をつけてしまいます。ホコリが残ってないか注意しながら拭き取りましょう。

後玉(カメラ側)の汚れは、前玉(被写体側)に比べて写真の写りに影響が出やすいので、丁寧に力まず掃除しましょう。

なお、目立った汚れがない場合は、レンズに触れないほうが新たな汚れが付着することを防ぐことができます。

メンテナンスに役立つ道具

レンズペンは、レンズに張り付いたホコリを取り除くのに便利です。

レンズクリーナーを使用すると、油分を含む落ちづらい汚れをキレイにすることができます。また、レンズの保全効果もあります。

レンズを保管する際の注意事項

レンズの天敵はホコリと湿気です。ホコリと湿気から、レンズにカビが繁殖してしまうこともあるので十分に注意しましょう。

保管の際は、高価な防湿ケースを買わなくても、安価に買うことができる口が密閉される容器を利用することもできます。高温多湿の場所や、ホコリが多い場所を避け、乾燥剤と一緒にレンズを密閉容器に入れて保管しましょう。

おわりに

レンズにはカビがとても生えやすく、一度カビが生えると除去するのに大金が掛かります。デジイチで写真を楽しむためにも、日頃からメンテナンス、管理には十分注意しましょう。

本記事は、ITmedia デジカメプラスの企画協力のもとに執筆されています。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。