\ フォローしてね /

【デジイチ入門】露出補正機能の使い方(動画あり)

このライフレシピのもくじたたむ

デジタル一眼レフカメラ(デジイチ)で写真を撮影したらイメージと違う明るさになった、という経験がある方もいるのではないでしょうか。

そんなときの対処法である、露出補正機能の使い方について説明します。

動画でみる

テキストでみる

適正露出で撮影された写真

適正露出の写真は、カメラが判断した明るさに写ったものです。

露出補正をする方法

カメラに付いている露出補正ボタンを押します。

露出をマイナスに補正する

露出補正ボタンを押したまま、ダイヤルをマイナスに回します。以上で露出補正が完了します。

露出補正した状態で撮影してみる

マイナス露出に設定した分、暗めの写真が撮影できました。

露出をプラスに補正する

露出補正ボタンを押したまま、ダイヤルをプラスに回します

露出をプラスに補正して撮影してみる

プラス露出に補正した分、明るい写真になりました。

露出の決まり方

カメラの露出は、シャッタースピードと絞りによって決定されます。そのため、どちらの数値も自分で設定するマニュアルモードの場合は露出補正という機能は使えません。

マニュアルモードで明るい写真に仕上げたければ、シャッタースピードを遅くするか、絞りを開きます。暗い写真にしたければこの逆に設定します。ファインダーに表示される露出計を見ながら感覚を身に付けましょう。

おわりに

背景が白い場合や黒い場合、また屋外で逆光の風景を撮影するときや、光のあたり方の異なる部分がある被写体を撮影するときなどは、露出計が自動適正では思ったように合わない場合が多くなります。

このような場合に露出補正機能を活用してみてください!

本記事は、ITmedia デジカメプラスの企画協力のもとに執筆されています。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。