\ フォローしてね /

【デジイチ入門】手ぶれを防ぐ撮影方法(動画あり)

このライフレシピのもくじたたむ

デジタル一眼レフカメラ(デジイチ)で撮る写真の代表的な失敗例に、撮影時の手ぶれがあります。

撮影時に手ぶれを防ぐにはどうしたらいいか、簡単に出来る手ぶれを防ぐ撮影方法を紹介します。

動画でみる

テキストでみる

肘や肩を固定する

近くにある台などを利用して撮影する方法です。土台となるものをしっかりと安定させて撮影しましょう。

壁際で撮影するときなどは、壁に肩を固定して撮影をすれば、手ぶれを抑えて撮影することが出来ます。

シャッタースピードを速くする

明るさが十分にある場合は、シャッタースピードを速くして撮影することで、手ぶれを抑えることができます。

手ぶれ限界のシャッタースピードは、1/焦点距離(mm)と言われています。

手ぶれ補正機能のレンズ

手ぶれ補正機能のついたレンズで撮影します。手ぶれ補正が搭載されているレンズ、カメラを使用すると、写真の手ぶれが減ります。

正しい姿勢をマスターする

両足を肩幅程度に開き、肩の力を抜いて脇を閉めます。カメラが動かないように、しっかりと固定することで、写真の手ぶれを最小限に抑えることができます。

おわりに

せっかく撮影した写真が手ぶれで残念な仕上がりにならないよう、手ぶれを抑えるための基本を理解しましょう。

本記事は、ITmedia デジカメプラスの企画協力のもとに執筆されています。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。