\ フォローしてね /

日本円をウォンへお得に両替する方法

海外旅行!ということで、韓国へ旅行に行く人も多いはずです。

この記事では、筆者が実際に韓国に行った時にやってみた「日本円をお得にウォンへ両替する方法」をこっそり紹介します!

ハナ銀行を利用する

ハナ銀行は韓国の国内銀行です。

このハナ銀行と韓国旅行をサポートしている旅行サイト「コネクト」が共同して行なっている両替企画で発酵されているクーポンを利用すれば、両替手数料を安くすることができるのです。

ちなみに、クーポンを使えば空港内のハナ銀行支店では手数料優遇は30%、空港以外のほかの支店では手数料優遇は50%。空港以外の支店で両替するようにしましょう。

用意するもの

旅行に行く前に準備しておくこと

  • ハナ銀行の両替手数料クーポンを印刷しておく
  • 日本円を用意しておく
  • パスポートのコピーをとっておく

ハナ銀行の両替手数料クーポンは、「コネスト」にあるクーポンを印刷しておきます。

一応、日本でも銀行で少額は両替しておきましょう。

両替のやり方

STEP1:ハナ銀行支店を見つける。

緑色のハナ銀行のマークを覚えておくと街でこのマークだ!とわかります。

写真では「A TWOSOMEPLACE CAFE」の上がハナ銀行です。明洞にも支店があり、比較的多いので意外と簡単に見つけることができます。

STEP2:店頭で両替をする。

英語で「Can you speak Japanese?」、韓国語で「イルボヌヌ ハルス チュセヨ?」と聞けば日本語で話してくれます。

STEP3:クーポンとパスポートを提示、両替をする。

クーポンとパスポート(コピー)を提示し、両替をします。パスポートは旅行中は持ち歩くのは危険なのでコピーをとっておくといいでしょう。

筆者の場合、日本の銀行とハナ銀行で両方とも10,000円を両替したのですが、結果は以下のとおりでした。

  • 日本の銀行で・・・ウォンで110,000+日本円でおつり
  • ハナ銀行で・・・ウォンで151,760

10,000ウォン札が日本では11枚、韓国では15枚もらえたのでそれだけでも違いがありました。

おわりに

韓国でもコンビニで両替をしてくれていたり、ホテルでも両替をしてくれたりしています。

その中でもレートの高いところで両替をしてもらいたいところですが、道端にいる人にお願いすると違法であることもあるので注意する必要があります。

その点、ハナ銀行で両替は「銀行で両替」。安心して両替できるような気がして気に入っています。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。