\ フォローしてね /

【デジイチ入門】シャッタースピードについて(動画あり)

このライフレシピのもくじたたむ

デジタル一眼レフカメラ(デジイチ)で写真撮影をするときに必ず理解しておきたいシャッタースピードについて説明します。

動画でみる

テキストでみる

シャッタースピードとは

シャッタースピードとは、写真撮影の際にシャッターが開放し、撮像素子がレンズを通った光にさらされる時間(露光時間)に関係します。

ISO感度、絞りと並び、露出を決定する三大要素です。

シャッタースピードと絞りの関係

シャッタースピードと絞りの関係はこのような形になります。写真の表現意図に合わせてこれらをバランスよく組み合わせる必要があります。

遅いシャッタースピードで撮影した場合

シャッタースピードを遅く設定して撮影した場合、写真には動きが現れます。

露光時間が長い分、動きが速い部分は写りが流れ、被写体がブレました。

速いシャッタースピードで撮影した場合

シャッタースピードを速く設定した場合、写真はより静止したようにハッキリと写ります。

露光時間が短い分、写真がくっきりと写りました。また、シャッタースピードが変わったので表現の露出(明るさ)も変化しました。

おわりに

シャッタースピードの特性を理解し、マスターできれば写真表現の幅が広がります。様々なパターンを撮影して、おもいおもいの表現を楽しみましょう!

本記事は、ITmedia デジカメプラスの企画協力のもとに執筆されています。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。