1. 暮らし
    2. 部屋の整理方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    部屋の整理方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    はじめに

    [image:/r/20100827/20100827120536.jpg]
    部屋の片付けをしなくてはいけないけれど、まずは何から手をつけていいか分からない。うまく片付けられないと言う事はありませんか?ここでは簡単に分かりやすく片付けが出来、きれいに見える方法を書いていきます。

    STEP1:部類分けをする

    片付ける意欲を湧かせるには、まずは簡単に形にしてしまう事です。初めに片付け物に部類分けをしてそれぞれを一箇所に集めます。

    例えば、衣類は初め畳まないでもいいので箪笥やクローゼットの前にまとめて置いたり、食器は流しに、筆記用具や本・ノート等は机の上に置くなどして片付ける種類を作りましょう。

    STEP2:ダンボールを活用しよう

    STEP1の部類分別が終わったら次はダンボールを使います。部類別にした物をそれぞれダンボールに入れ、何が入っているかと番号を振りましょう。こうする事により、ぱっと見、片づけが出来ているように見えます。

    しかし、これで終わったら次からどんどんダンボールに入れ、積んでいく人も出てきてしまうので止めないでください。

    [alert:一日で一気に片付けは出来ないでしょうから、毎日若い順番に片付ける事と、出したらしまうの癖もつけるようにしましょう。]

    STEP3:ゴミ捨て~いるもの・いらないもの~

    片付けが出来ない人に多いのが、物をためてしまう事です。ゴミを捨てると言うのはもちろんですが、暫く使っていなかったものは「何時か使う」と考えずに、思い切って捨ててしまいましょう。

    また、ビニール袋やお菓子等の箱をためていたりしていませんか?読んでない本はありませんか?雑誌を積んではいませんか?これらは結構かさばります。

    ですので、ビニール袋やお菓子の箱は思い切って捨て、本は必要なものだけ残して売ったりし、雑誌は必要ならスクラップ等にすると良いです。又、着れない物服は古着屋にすぐ持っていけないのであれば、捨てましょう。

    おわりに

    片付けは、「出したらしまう」「物の片付けの位置を明確に決める」事が出来るようになったら、荒れることは少なくなります。しかし、まずは部屋をきれいにリセットしておかなくては始まりません。

    この記事は、片付けの癖をつけたいが、荒れた部屋を見てやる気をなくしてしまう人の為に、きっかけややる気を出すの入り口として書きました。すぐに癖はつかないものですが、毎日コツコツやっていきましょう。

    このライフレシピを書いた人