1. 料理
    2. 冷たくしても、温かくしても美味しい!! じゃがいものスープの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    冷たくしても、温かくしても美味しい!! じゃがいものスープの作り方

    このライフレシピのもくじたたむ

    暑い季節は冷たい料理が一品あると食が進みます。また、寒い季節は温かい料理ほど美味しく感じるものです。

    我が家では、冷たくしても温かくしても、オールシーズン楽しめるじゃがいものスープが定番です。ヴィシソワーズのように生クリームを使わないので、あっさりヘルシーなのもうれしいところ。季節の野菜を加えて応用もできますので、ぜひお試しください。

    材料(1人前)

    • じゃがいも(大)…1個
    • たまねぎ…半個
    • スキムミルク…大さじ3~4杯(牛乳や豆乳でも)
    • コンソメの素(キューブ)…1~1.5個
    • 塩…適量
    • 胡椒…適量

    作り方

    STEP1:野菜を切る

    じゃがいもの皮をむき、4~6等分する。
    たまねぎはくし切りにする。

    後でミキサーにかけるので、火の通りやすい大きさで可。

    STEP2:野菜を煮る

    じゃがいもとたまねぎを鍋に入れ、7~8分程度の水を注ぎ、火にかける。

    水を入れすぎるとスープが薄くなるので少なめに。

    STEP3:味付け

    野菜に火が通ったら、コンソメを入れてひと煮立ちさせ、スキムミルクを加えて溶かす。

    じゃがいもは箸がスッと通る程度、たまねぎは透き通る程度が目安。塩加減は、この段階では薄めに。

    STEP4:ミキサーにかける

    野菜に火が通ったら、ミキサーにかける。

    突然沸騰すると危険なので注意が必要です!
    ミキサーがない場合は、冷ましてから裏ごししましょう。

    STEP5:塩・胡椒で味を調える

    じゃがいもの性質によってはドロッとした感じになるので、牛乳や豆乳で調整するとよい。

    STEP6:完成!

    冷たくする場合は、荒熱を取ってから冷蔵庫へ。器に盛り付け、パセリ、アサツキ、クルトンなどをお好みで。

    おわりに

    この作り方をベースに、グリーンアスパラやブロッコリー、ニンジンなど、季節の野菜を加えて茹でれば季節の野菜スープになります。冷蔵庫で数日保管が可能です。いろいろな野菜で楽しんでみてください。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人