1. 料理
    2. 缶詰で誰でもおいしく!「さば缶のなす味噌ピーマン炒め」のつくり方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    缶詰で誰でもおいしく!「さば缶のなす味噌ピーマン炒め」のつくり方

    nanapi
    nanapi
    nanapi
    nanapi
    nanapinanapinanapinanapi
    ここがおすすめ
    かかる手間
    Image cooktime02
    食べられるまで
    15

    編集部からのポイント

    • 市販の缶詰で味つけ

      味つきの缶詰で炒めるから誰が作っても美味しい

    • 材料少なく作れる

      缶詰と野菜2品で完成!

    • 缶詰からメインおかず

      缶詰なので長期備蓄可能で価格も安くて助かる

    • 材料(4人分)

      • さば味噌煮缶詰…1缶(190g前後)
      • なす…2本
      • ピーマン…3個
      • サラダ油…大さじ2
      • 料理酒…大さじ2
      • 塩…少々

      材料の量で味が変化しやすいので、極端に増やさないようにしてください。特に、なすの量を多くすると水分が出やすいので分量を守りましょう。

      さば味噌煮缶詰は190g前後がおすすめ1
      150gの缶詰だと味が薄くなってしまう可能性があります。材料の量で料理するときは180~200gの缶詰を使ってください。

      作り方

      1材料を切る・ほぐす

      1:さば缶を粗くほぐす
      2:なすとピーマンをひと口大の乱切りにする

      2野菜を炒める

      • 1:スライパンにサラダ油をひく
      • 2:なすを中火で1~2分炒める
      • 3:ピーマンを加えてさらに炒める2
      水分が出ないようにサッと炒める
      長く炒めていると野菜から水分が出て、味が薄まってしまいます。水分が出ないようにサッと炒めましょう。また、ふたをしていると水分が蒸発していかないので、ふたはせずに炒めてください。

      3さば缶を加え、さらに炒める

      • 1:野菜がしんなりしたらさば缶と料理酒を加える
      • 2:塩を少々入れたら味を見て、味が薄いと感じたらさらに塩を少々加えて味を調えます。
      必ず味見をしよう3
      味の濃さはさば缶と野菜の量で決まります。缶詰の種類や野菜の量で変わる可能性があるので、ここで必ず味見をして、好みの味になるように調味料で調節しましょう。さば缶が余っていれば、味見をしながら少しずつ足して調整しても大丈夫です。
      少々ってどのくらいの量?4
      一般的に「少々」は親指と人差し指でつまんだくらいの量です。0.5g程度を目安にしましょう。

      4完成!

      味がなじんだら完成です。

      (image by 筆者)
      (image by nanapi編集部)

      追記した箇所一覧

      • 12018年08月16日「さば味噌煮缶の量」について追記しました。
      • 22018年08月16日「野菜を炒める順番」について追記しました。
      • 32018年08月16日「味見の必要性」について追記しました。
      • 42018年08月16日「少々の分量」について追記しました。
      このライフレシピを書いた人

      Twitterで紹介!

      nanapiモーメントで紹介しているツイートです。