\ フォローしてね /

缶詰で誰でもおいしく!「さば缶のなす味噌ピーマン炒め」のつくり方

お魚の缶詰は「骨があって魚が苦手」という子どもでも、丸ごと食べることができ、とても便利です。ただ、そのまま缶詰を開けて食べるのは味気ないので、ひと工夫しましょう!味噌煮の汁も丸ごと入れて、調味料代わりにしたら、ご飯の最高のおかずに変身します。
nanapi
nanapi
nanapi
nanapi
nanapinanapinanapinanapi
  • 市販の缶詰で味つけ

    味つきの缶詰で炒めるから誰が作っても美味しい

  • 材料少なく作れる

    缶詰と野菜2品で完成!

  • 缶詰からメインおかず

    缶詰なので長期備蓄可能で価格も安くて助かる

このライフレシピのもくじたたむ

材料(4人分)

  • さば味噌煮缶詰…1缶(190g前後)
  • なす…2本
  • ピーマン…3個
  • サラダ油…大さじ2
  • 料理酒…大さじ2
  • 塩…少々

材料の量で味が変化しやすいので、極端に増やさないようにしてください。特に、なすの量を多くすると水分が出やすいので分量を守りましょう。

さば味噌煮缶詰は190g前後がおすすめ1
150gの缶詰だと味が薄くなってしまう可能性があります。材料の量で料理するときは180~200gの缶詰を使ってください。

作り方

1野菜を切る

1:さば缶を粗くほぐす
2:なすとピーマンを切る

さば缶をほぐしたら、なすとピーマンをひと口大の乱切りにします。

2野菜を炒める

  • 1:サラダ油をひく
  • 2:なすを炒める
  • 3:ピーマンを炒める

フライパンにサラダ油をひきます。なすを入れて1~2分炒めたあとに、ピーマンを入れて炒めます。2

炒めるときにふたはしない
ふたをすると野菜から水分が出て、味が薄まってしまいます。水分が出ないようにサッと炒めましょう。

3さば缶を加え、さらに炒める

  • 1:さば缶と料理酒を加える
  • 2:塩を入れて味見する

野菜がしんなりしたら、さば缶と料理酒を加えます。塩を少々入れたら味を見て、味が薄いと感じたらさらに塩を少々加えて味を調えます。

必ず味見をしよう3
味の濃さはさば缶と野菜の量で決まります。缶詰の種類や野菜の量で変わる可能性があるので、ここで必ず味見をして、好みの味になるように調味料で調節しましょう。さば缶が余っていれば、味見をしながら少しずつ足して調整しても大丈夫です。
少々ってどのくらいの量?4
一般的に「少々」は親指と人差し指でつまんだくらいの量です。0.5g程度を目安にしましょう。

4完成!

味がなじんだら完成です。

(image by 筆者)
(image by nanapi編集部)

追記した箇所一覧

  • 12018年08月16日「さば味噌煮缶の量」について追記しました。
  • 22018年08月16日「野菜を炒める順番」について追記しました。
  • 32018年08月16日「味見の必要性」について追記しました。
  • 42018年08月16日「少々の分量」について追記しました。
このライフレシピを書いた人

Twitterで紹介!

Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。