\ フォローしてね /

【就活】説明会でアピールできる、意味のある質問の作り方

このライフレシピのもくじたたむ

説明会では必ず最後に「質問時間」が用意されています。みんなの前で質問する事ですがら、意味のあるものをしたいですよね。

今回は説明会やセミナーで使える質問事項を紹介します。

本記事は、就活の栞のご協力により、2012年に執筆されたものです。

公開逆質問

抽象的な部分を質問

企業はビジョンなり、人物像であり、なにかとキャッチコピーでぼやっとした像を提示してきます。

  • 企業「影響力のある人間を求めます」
  • 質問「求める人物像が影響力のある人間ということなのですが、怒ったり、褒めたり、影響にもいろいろなものがあると思います。どのように影響力をもっている事が求められていますか。」

具体的なエピソードを質問

キャッチコピーや求める人物像を具体化してもらう質問をすると、納得の行く形で自分の中に落とし込めるのでオススメです。

  • 企業「行動力のある人間を求めます」
  • 質問「求める人物像が行動力のある人間ということなのですが、●●さん(担当者や人事の人など)が、この人は行動力があるな、と感じた具体的なエピソードがあれば教えてください。 」

質問の仕方にも意識を

ダラダラ長く質問しない!

質問の仕方も重要です。手短に、長くて1分以内にまとめましょう。

また、ひとりよがりな質問は後で個人的にこっそりと聞きましょう。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。