\ フォローしてね /

【就活】送付状の書き方

就職活動で、企業に履歴書やエントリーシートを送るとき、送付状(添え状)を一緒に送ります。学生にはなじみのないものですが、ビジネスでは当たり前のように使用されているものです。

ここでは、就活での送付状の書き方について紹介します。

本記事は、就活の栞のご協力により、2012年に執筆されたものです。

送付状とは

書類を郵送する際に、一緒に送付したり、FAXを送信する際に添えたりする書面のことを指します。

送付状で伝える内容は以下の3点です。

  • 誰から誰宛へ送るのか
  • 何を送ったのか(枚数も)
  • 補足説明(特記するものがあれば)

送付状の書き方

次の順番で書いていきます。

  • 1.日付
  • 2.宛先:会社名、部署名、役職名、氏名(様をつけて)
  • 3.差出人名:自分の住所、連絡先(電話番号、メールアドレス)、氏名
  • 4.題名
  • 5.拝啓+時候の挨拶
  • 6.主分(本題)
  • 7.結語(敬具)など
  • 8.記書き
  • 9.以上

ポイント

挨拶文を入れよう

挨拶文の入れ方や選び方は以下記事を参考にしてみてください。

敬称の付け方

宛名 敬称
個人 様・先生 鈴木様
官庁・会社・学校などの団体 御中 株式会社●●御中
職名 殿 人事担当者殿
個人名のついた職名 様・殿 人事部鈴木様

郵送のポイント

作成した送付状と書類をクリアファイルに入れて郵送しましょう。万が一、雨に濡れて封筒の中身まで被害にあってしまう...という事態を避けることが出来ます。

おわりに

送付状は社会人になってからも必要なマナーです。就活で、履歴書などを封筒に入れて送付する際は添えるようにしましょう。

早めに覚えておくとよいでしょう。

(image by PIXTA)
(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。