\ フォローしてね /

満足感&野菜たっぷり!豆腐を使った低カロリー水餃子レシピ

今回は豆腐を使った水餃子のレシピをご紹介します。

用意するもの

材料 (25個分)

作りやすい分量(25個分)の材料です。2~3人前出来上がります。余ってしまった場合はゆでる前の状態で冷蔵保存し、翌日くらいには食べきるようにしましょう。

  • 餃子の皮(市販のもの) 25枚入り1袋
  • 木綿豆腐 150g
  • ニラ 1/6束
  • キャベツ 大きい葉1枚くらい
  • (a) 鶏挽肉 50g
  • (a) 塩コショウ 適量
  • (a) 醤油 10cc
  • (a) 酒 5cc
  • (a) すりごま(白) 大さじ1

用意するもの

  • 大きめの鍋

低カロリー水餃子の作り方

STEP1 豆腐を水切りしておく

キッチンペーパーで包み重しをして1時間ほど置き、豆腐の水切りをしておきます。

STEP2 材料を合わせ、まぜる

ボウルにSTEP1の豆腐、小口切りにしたニラ、みじん切りにしたキャベツと、(a)の材料を入れ、手でよく混ぜます。これで餃子のタネが完成です。

あまり時間をかけて混ぜると水が出てきてしまい、皮に包む作業がやりにくくなってしまうことも。手早く混ぜましょう。

STEP3 餃子の皮に包む

STEP2で出来上がった種を餃子の皮に包みます。

お好みの包み方で構いませんが、口はしっかり閉じるようにしましょう。

STEP4 たっぷりの湯でゆでる

大きめの鍋でたっぷりのお湯を沸かし、餃子をゆでます。

沸騰しているところに餃子を全て入れ、強火で一度ふきこぼれそうになるまで待ち、差し水をします。これを2回行います。こうすることでもちもちとした食感の水餃子が出来上がりますよ。

酢醤油(醤油2:酢1+オイスターソース少々)や、ポン酢などお好みのたれにつけて食べましょう。

こんなアレンジ方法も!

STEP4の工程を変えて、中華スープで煮込んでもおいしくいただけますよ。水餃子よりも焼き餃子!という方は、余計な油分が少し含まれてしまいますが、焼き油を少量にして焼いて食べても。

おわりに

少ないお肉でも、ニラとゴマの風味が利いてしっかりした味わいを楽しめるレシピです。

盛りつけの際にはお湯も一緒に盛りつけると最後までアツアツで美味しくいただけますよ。食べ応え満点の水餃子、ぜひお試しくださいね。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。