1. 暮らし
    2. 引っ越しが決まったら見ておきたい!引っ越し前後で住所変更が必要な手続きまとめ

    引っ越しが決まったら見ておきたい!引っ越し前後で住所変更が必要な手続きまとめ

    引っ越しをする場合、電気や水道、ネットなどのライフラインや転入・転出届など、あちこちに住所変更の手続をしなくてはいけません。従来通り電話・ハガキで行うものや役所などに直接行くものもあれば、インターネットで可能な手続きもあります。

    ただでさえ引っ越しの準備や片付けで忙しいのに、このような手続きは大変ですよね。また、あれもこれもとやっていると、忘れてしまっているものも出てきたり…。しかしそれでは、手続きを忘れていて大変な事態に、ということにもなりかねません。

    そこで、引っ越し準備の手助けとなるようにまとめてみました。引っ越しをする際にはぜひ参考にしてみてください。

    引っ越し前に行う手続き

    ライフライン

    • 電気
    • ガス
    • 水道
    • 電話
    • インターネット

    引っ越しをする場合は、電力会社やガス会社など、ライフラインの手続きは早めに行ないましょう。公共機関や金融機関への住所変更手続きは東京電力の「引越コンシェルジュ」が便利です。

    郵便物の転送

    郵便局で郵便物の転送届を出します。旧住所に届いた郵便物を新住所に1年間転送してくれます。ネットで手続きができる「e転居」というサービスもありますよ。

    雑誌の定期購読

    郵便は転送設定ができますが、宅配便のメール便は転送できません。引っ越し直前や引っ越し後にはせず、次に届く時期から逆算して手続きを行っておくといいでしょう。

    子どもの学校

    お子さんのいる場合は転校の手続きをしましょう。学校に伝えればやるべきことを教えてくれます。

    役所で行う手続き

    転出届/転入届

    転出届と転入届の手続きは、旧住所と新住所の役所でそれぞれ行ないます。

    各種手当

    子ども手当、介護手当など自治体から各種手当を受けている方は転入先の役所で手続きをしましょう。

    住民票の取得

    自動車登録などで必要になることがあるので、役所に行った際は取っておきましょう。コピーでも可能な手続きも多いので、1部もらえばいいと思います。

    引っ越し後に行う手続き

    金融機関

    • 銀行・郵便貯金
    • クレジットカード
    • 保険会社(生命保険、自動車保険、学資保険など)

    各機関、会社に届けを出します。「引越コンシェルジュ」で対応している機関もあるのでチェックしてみましょう。

    NHK

    ネットで手続き可能です。住所変更や口座変更などはこちらで。

    勤めている会社

    勤めている会社には届けを出しましょう。新しい住所や電話番号など連絡先を伝えておきます。

    健康保険組合

    会社への住所変更と、健康保険組合の住所変更が別の手続きの場合があります。会社に確認しましょう。

    運転免許証

    運転免許センターもしくは警察署で。証明写真が必要な場合があるので事前に確認。nanapiのレシピに手早く変更する方法もあります。

    CS放送局(スカパー、WOWOWなど)

    ネットで手続きが可能です。会員ページで登録情報を変更します。

    自動車・バイクの登録変更

    警察署で車庫証明を取得して陸運局で行ないます。軽自動車やバイクで手続きが違うので確認しておきましょう。

    JAF

    車関連ではこちらも忘れずに。

    携帯電話

    各携帯電話会社の公式サイトで手続きができます。

    ネットショップ(Amazonなど)

    買い物をする時に変更しておきましょう。間違えて旧住所に商品が届かないように注意!

    おわりに

    引っ越しでは多くの手続きがあって本当に大変ですが、チェックリストを作るなどして落ち着いて一つずつ対応していきましょう。

    ネットでできるものも増えてきているので、以前ほどの大変さはなくなってきているはずです。ただ、引っ越し後はインターネットを通す工事や作業をしないと使えない場合もあるので、引っ越し後でいいものも引っ越し前にできることはしておいたほうがトラブルは避けられると思います。

    この記事が引っ越しの際に役立てば幸いです。また、引っ越しの手順を考える際にもご活用ください。

    (photo by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ