\ フォローしてね /

赤ワインが決め手!洋食屋さん風ポークソテーの作り方

豚ロース肉といえば定番なのは生姜焼き。
こんがり焼いたお肉に、香ばしい醤油と生姜で味付けをした生姜焼きは、きっと誰もが大好きな家庭料理でしょう。そんな日本人の国民食ともいうべき定番メニューが、ちょっぴり赤ワインをプラスするだけで、なんと洋食屋さん風に変身しちゃいます。

ごはんのおかずはもちろん、ワインのお供にも最適な、赤ワイン風味のポークジンジャー、ぜひ一度お試しください。

材料 (2人分)

  • 豚ロース肉(1枚80gくらいのもの )… 4枚
  • 赤ワイン… 大さじ2
  • 塩、こしょう… 適量
  • 小麦粉… 適量
  • (A)醤油… 大さじ2
  • (A)みりん… 大さじ2
  • (A)赤ワイン… 大さじ2
  • (A)おろししょうが… 大さじ1

ポークソテーの作り方

STEP1:ソースを作る

(A)の調味料をよく混ぜ合わせて醤油ワインソースを作ります。

STEP2:豚肉の筋切りをする

豚ロース肉は筋(赤みと脂身の間)を2~3カ所を筋切りし、塩とこしょうをふります。

筋切りをすることで、焼いたあとのお肉の反り返りを防ぎます。硬いお肉の場合は、さらに肉たたきか包丁の背で軽くたたくと、やわらかく火のとおりもよくなります。

STEP3:肉を焼く

軽く小麦粉をまぶしたお肉を、熱したフライパンに入れて焼きます。両面に焼き色をつけたら、フタをして弱火で2~3分焼き、中まで火を通します。

小麦粉で表面を薄くコーティングすることで、お肉がパサパサになるのを防ぎ、旨味も閉じ込めることができます。

STEP4:香りづけをする

余計な油をキッチンペーパーで取り除いたら、大さじ2の赤ワインをふり、アルコールを飛ばします。

STEP5:味付けをする

仕上げに醤油ワインソースを入れて沸騰させ、さっと味をなじませます。

STEP6:完成!

お皿に盛り付けたら完成です。お好みのつけあわせを添えてどうぞ。

おわりに

写真ではつけあわせにコールスローとプチトマト、ポテトサラダを添えましたが、お好みに合わせていろいろ工夫してみてください。千切りキャベツとトマトや、にんじんやじゃがいもの塩茹でなどもよくあいます。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。