1. 暮らし
    2. 健康保険証を紛失した時の対処法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    健康保険証を紛失した時の対処法

    日本人のほとんどの人、そして一定期間以上在住している外国人も健康保険に加入していますね。公的医療保険制度なので医療機関の窓口では提示しなければいけません。

    最近保険証は薄いカードタイプのものになっているので、紛失する人も多いようです。財布に入れておいて財布ごと無くすというケースもありますね。

    もしも大事な保険証を失くしてしまった時にはどうしたら良いのでしょうか

    そんな時のための、保険証を紛失したときの対処法と再発行の方法をご紹介します。

    最初にやるべきこと

    失くしたらまず最初は最寄の警察署に紛失届を出しましょう。まずは犯罪を防止することが最優先。健康保険証が身分証明として使用され、消費者金融で借金に使われたり他のサービスで悪用される可能性があるからです。

    クレジットカードのような犯罪防止のための効力停止というシステムが健康保険証にはありません。

    紛失後に悪用されて請求書などが来ても、届出をしているので安心です。

    次にやるべきこと

    紛失届を提出したら、今度は保険証の再発行の手続きです。すみやかに発行しなければいつ病気になるか、ケガをするかわかりませんから。

    加入している保険によって、発行元に再発行の申請をしましょう。市区町村(役所)の国民健康保険担当課、企業の健康保険組合、全国健康保険協会の各支部、共済組合などそれぞれの窓口に申請します。手続きは無料です。

    申請書などはそれぞれの担当者に問い合わせして下さい。申請時に身分証明書が必要な場合もあります。

    再発行手続き中に病気になったら

    再発行中は手元に保険証はありませんが、医療機関で治療などはもちろん可能です。この場合は窓口で実費を一旦支払うことになります。

    再発行された後、それぞれの保険発行元に立て替え払いをした医療費を請求できます。自己負担しなくて良い分が返ってきます。

    実費で支払った医療費の領収書は必要なので取っておいて下さい。

    慌てず迅速に

    盗難にあったのか紛失したのかはわからなくても、まずはすみやかに対処する必要があります。探している間に悪用されてしまうと、どうしようもありませんから。

    免許証やパスポートと同じく身分を証明するもののひとつとして健康保険証は大事なものです。取り扱いには十分注意したいものですね。

    参考サイト

    (image by PIXTA)

    このライフレシピを書いた人