\ フォローしてね /

簡単なのに本格派!ジェノバソースの作り方

このライフレシピのもくじたたむ

フードプロセッサーで材料を混ぜるだけの手軽さなのに、料理上級者に見えるのが嬉しいジェノバソース。

新鮮なバジルが手に入ったら、ぜひ作ってみてください。手作りは、市販品とは比べ物にならない香りです。

ベネチアの市場でバジルを買ったとき、ヒマを持て余していたらしい八百屋のおじさんが強引に教えてくれたレシピ。いまや筆者の定番レシピになっています。

材料(2〜3人分)

  • バジル…30g
  • バージンオリーブオイル…50ml
  • 松の実…10g
  • にんにく…10g
  • 塩…小さじ1/3
  • パルメザンチーズ…30g

作り方

STEP1:下準備

バジルの葉をよく洗って、しっかり水気をとります。

時間があれば、バジルは水で洗わず丁寧に拭き、松の実を軽く炒ると、より風味が増します。
バジルに水がついているとソースが傷みやすくなります。すぐに食べきらずに保存したい場合は、水気に注意しましょう。

STEP2:フードプロセッサーにかける

バジルとオイル、松の実、包丁の腹で潰したにんにく、塩をフードプロセッサーにかけます。

ハンドブレンダーや、すりこぎを使っても作れます。

STEP3:チーズを混ぜて完成

ソースにすりおろしたパルメザンチーズを混ぜ合わせたら完成です。

作るポイント

パスタソース以外にも、魚や鶏料理のソース、カルパッチョのアクセントやドレッシングの隠し味、マスタードと一緒にサンドウィッチに塗ってみたりと使い道はいろいろ。

保存は、冷蔵庫で1週間、冷凍庫で1ヶ月程度が目安です。

Twitterで紹介!

(image by 筆者)
(image by nanapi編集部)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。