1. 料理
    2. 急なお客様にもOK、日本酒に合う簡単おつまみ3種の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    急なお客様にもOK、日本酒に合う簡単おつまみ3種の作り方

    このレシピの生い立ち・おすすめ理由

    夫が突然同僚を連れて帰ってきた!彼氏からの「今からちょっと行くね」のメール!何の準備もしていない時のお客様はあわてますね

    日本酒はあるけれど、さておつまみはどうしましょう。そんな時にもあわてず簡単にできて、しかも美味しいおつまみがレパートリーにあったら安心です。

    そこで今回は冷蔵庫にあるものや常備しているものを使って、ささっと作れて日本酒に合う簡単おつまみレシピを紹介します。

    調味料や薬味となる素材が決め手となりますので、できれば常備しておくことをお薦めします。

    材料 (1~2人分)

    韓国風冷や奴

    • 豆腐 半丁
    • コチュジャン 大さじ1
    • めんつゆ 大さじ2
    • ゴマ油 少々
    • 小ネギ、ゴマ 適宜

    赤青ピーマンの味噌炒め

    • ピーマン 1個
    • パプリカ 1/4個
    • 合わせ味噌 大さじ1弱
    • みりん 大さじ1弱
    • にんにく 1片
    • サラダ油 少々

    納豆の梅おかかオムレツ

    • 玉子 2個
    • 納豆 1パック
    • 梅干し 1個
    • かつお削り節 1パック
    • 小ネギ 適宜
    • 小麦粉 大さじ1
    • しょう油 大さじ1
    • サラダ油 少々

    「韓国風冷や奴」の作り方

    STEP1:コチュジャンだれを作る

    容器にコチュジャンとめんつゆを合わせる

    ゴマ油、小ネギ、ゴマを加えてよく混ぜ合わせる。これだけで完成!

    筆者は薬味によく使うので小ネギを刻んだものを冷凍して随時使います。薬味があると美味しさが増しますね。お薦めです。

    「赤青ピーマンの味噌炒め」の作り方

    STEP1: ピーマンを切る

    ピーマンはそれぞれ同じ長さの細切りにする。にんにくもスライスしておく。

    にんにくも買ってきた時に、スライスしたもの・みじん切り・一片丸ままの3種類に分けて冷凍保存しておくと便利です。

    STEP2:味噌だれを作る

    予め合わせ味噌とみりんを合わせてよく混ぜておく。

    STEP3:ピーマンを炒める

    フライパンにサラダ油を薄く敷きにんにくスライスを入れて香りが出たら、ピーマンを炒める。

    歯触りが残る程度にさっと炒めたら、味噌だれを加えて全体にからませる。これで完成!

    「納豆の梅おかかオムレツ」の作り方

    STEP1:卵と納豆を混ぜる

    ボールに卵を割り入れ、納豆を加えて混ぜる。つぶした梅干しとおかかの半分量、小ネギ、小麦粉、納豆だれ、しょう油も全部混ぜる。

    おかかの残り半分は盛り付けた時に上に乗せます。

    STEP2:フライパンにタネを流し入れる

    熱くしたフライパンにサラダ油をなじませるように入れ、オムレツダネを流し入れる。

    むらなく火が通るように、所々穴を開けるようにしながら揺すると均一に加熱できる。

    STEP3:裏返して焼く

    フライ返しでフライパンを動かしながらひっくり返し、裏面も焼く。淵から少し寄せるようにして丸い形を整える。香ばしい匂いがしたら出来上がり!

    完成!

    冷や奴は適当な大きさに切って、コチュジャンだれをかけます。納豆オムレツは6等分くらいに切って盛り付け、おかかを乗せれば美味しそうですね。お好みで一味唐辛子をかけても美味しいです。

    日本酒には少し塩気のあるものや、辛さの利いたものが合いますね。あり合せの材料でもタレの味等を工夫するだけで、酒の肴として美味しくいただけますよ。酒のつまみだけでなく、ご飯のおかずにもお薦めです。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人