\ フォローしてね /

【就活】一次面接を突破できない時の5つの改善点

「エントリーシートは通るのに一次面接はどうしても突破できない・・・」という悩みを抱えていませんか?ここでは、一次面接を突破できない時の5つの改善点を紹介します。

本記事は、就活の栞のご協力により、2012年に執筆されたものです。

1:身だしなみ・表情

一次面接では第一印象が非常に大切です。なぜなら、一次面接は15~30分という短い時間で行われることが多いためです。

  • スーツはよれていないか
  • 寝ぐせはついていないか
  • 靴のかかとはすり減っていないか
  • 表情は硬すぎないか

これらのポイントには十分に注意しましょう。

2:エントリーシートを丸暗記していないか

よくエントリーシートを丸暗記しようとする人がいますが、暗記している文章を思い出そうとすると、視線が上に向いてしまったり、まばたきが多くなったりして印象が悪くなってしまいます。

エントリーシートに沿って話すことは原則ですが、一語一句を再現する必要はありません。

3:志望動機はブラッシュアップされているか

エントリーシートを提出してから面接までの2週間~1カ月の期間に、しっかりと志望動機を考え直すようにしましょう。志望動機を方向転換するもよし、更に深く研究するもよしです。

2週間~1ヶ月でも成長できることをアピールしましょう。

4:企業研究は十分か

一次面接では専門的な知識は必要ありません。

しかし、業界の仕組みや規模、企業の事業内容くらいは基礎知識としてしっかり把握しておきましょう。

「志望業界の特徴は何か?」という質問を自問自答してみましょう。

5:長々としゃべりすぎていないか

面接では、1回の質問に対してコンパクトに応えることが大切です。

回りくどい話し方は「論理力がない」という低評価に繋がってしまうので、注意しましょう。

先輩の内定者や友人と模擬面接をするのがオススメです。

おわりに

一次面接を突破できない時の5つの改善点を紹介しました。ぜひ参考にしてみてください。

(image by PIXTA)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。