\ フォローしてね /

【就活】手書きエントリーシートの4つのコツ

Web上でエントリーシートを受け付ける企業が増えてきましたが、それでもまだまだ手書きのエントリーシートが主流となっています。もちろん、エントリーシートに何を書くかは大切ですが、それをどう見せるかも大切です。

ここでは、手描きのエントリーシートを綺麗に書く4つのコツをご紹介します。

本記事は、就活の栞のご協力により、2012年に執筆されたものです。

1:ラインを引く

履歴書やエントリーシートの本文に線を引いて、自分でマス目を作ります。

こうすることで、まっすぐに文章を書くことができ、文字が入る目安もわかるようになります。

2:漢字とひらがなの大きさを変える

漢字を少し大きめに、ひらがなを少し小さめに書くと全体のバランスが良くなります。

3:鉛筆で下書きをする

字のバランスや字数を把握するために、まずは鉛筆で下書きをしましょう。

4:書ける項目を先に埋めておく

就活中は時間に追われ、そのためエントリーシートを書くのが雑になってしまうという人もいます。

  • 氏名
  • 住所

など、時期や企業によっても変わらない項目はあらかじめ埋めておきましょう。

「志望動機・頑張ったこと」などを書き込めばすぐに提出できる状態にしておくと、焦ることもなくなります。

おわりに

手書きエントリーシートの4つのコツを紹介しました。綺麗なエントリーシートで内定を勝ち取りましょう。

(image by PIXTA)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。