\ フォローしてね /

【就活】エントリーシートの取捨選択の3つのポイント

就職活動が始まるとどこかのタイミングで必ずピークが来ます。就活の時間は非常に限られていて、その中ですべてのエントリーシートを書き上げるのは時間的にも、気力的にも厳しいものです。

ここでは、エントリーシートを提出する企業を取捨選択する時の、3つのポイントをご紹介します。

本記事は、就活の栞のご協力により、2012年に執筆されたものです。

1:取捨選択をしよう!

1社のエントリーシートを完成させるのに、最低でも2~3時間、下手をすれば数日はかかります。

10社のエントリーシートを中途半端な質で提出するのであれば、5社のエントリーシートを高いクオリティで完成させる方が、有意義に就活を行うことができます。

2:取捨選択の基準

一定期間に締め切りが集中してしまい、エントリーシートをすべて提出することが困難になった時に備えて、取捨選択の基準を定めておくと安心です。

企業を志望度順に並べてみる

一定期間にエントリーシートを提出しなければならない企業を志望順に並べてみましょう。そして、志望度の最も低い企業から、エントリーシートの提出を取りやめめていきます。

この方法は、エントリーシートを出す、出さないという決定だけではなく、自分の志望度も明確化することができる手段にもなっています。

日頃から企業ごとに志望度を記録しておくのがオススメです。

志望動機は思い浮かぶ?

志望動機を一度考えてみたり、紙に箇条書きで書き出したりするのもオススメです。何も思いつかない場合には、エントリーシートの提出を取りやめる十分な理由になり得ます。

スケジュールとの兼ね合いを考える

余裕のない時期にエントリーシートのピークが重なってしまった場合には、上記2つの方法で取捨選択をします。しかし、スケジュールに余裕がある場合には、すべての企業のエントリーシートに立ち向かいましょう。

取捨選択が「逃げ」にならないように注意しましょう。

3:時間を捻出する

「どうしても全ての企業にエントリーシートを提出したい!」という場合には、説明会など就活の予定、もしくはプライベートの予定を削って時間を捻出しましょう。

おわりに

エントリーシートの取捨選択の3つのコツを紹介しました。ぜひ参考にしてみてください。

(image by PIXTA)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。