1. 料理
    2. 電子レンジだけで『宅麺』を作る裏ワザ

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    電子レンジだけで『宅麺』を作る裏ワザ

    ニンニクアブラヤサイマシ

    今日はなんと、レンジチンするだけで作れる宅麺の裏技を教えちゃいます。

    しかも、今日作るのは、二郎インスパイア系ラーメン。家で好きなだけマシマシしちゃってください。

    本記事は、宅麵のご協力により、2012年に執筆されたものです。
    宅麺を運営するグルメイノベーション株式会社の公式見解ではございません。

    下準備

    宅麺に入っている、美味しい作り方にはレンジで加熱しないようにと書いてありますが、完全に無視します。

    まず、レンジでチンするには凍った状態じゃない方が時間も短く、エコですので、食べる前日に麺もスープもまるごと冷蔵庫に入れて、冷蔵解凍しちゃいます。

    麺もほぐれて、美味しそうですね。

    (ちなみに、我が家では冷蔵庫にも宅麺が4食は必ず入ってます。ぶっちゃげ2〜3日は全然もちますし、冷凍状態からより作るのが全然楽です。)

    二郎系のラーメンはアブラが多く、冷蔵状態でも固まっている事があるので、袋を水道のお湯で流して少し温めてから丼に開けます。

    うっは、やべぇ、超美味そうwww

    そして、二郎といえば、やっぱりもやし。もやしもレンジでチンして茹でます。

    耐熱容器に入れてラップ等でもできますが、今日はシリコンスチーマーをつかいます。水で洗ったもやしを一袋いれて、お酒を大さじ一杯かけてレンジへ。

    800ワットで約2分半(600ワットだと多分3分くらい)。茹で上がったらザルに上げて水を切っておきます。

    いよいよスープと麺をチンします

    先程スープを入れた丼をそのままレンジへ入れます。今回は800Wで4分30秒で熱々になりました。(スープによって、ワット数によって変わるので、なれないうちは、見守りましょう。)

    そして次は麺!麺を入れる前にまずはお湯を沸かします。先ほどのシリコンスチーマーに2/3程、水をいれて800ワットで約7分。

    お湯が湧いたら麺を入れて蓋をしてレンジへ投入。

    2分半ほどで吹きこぼれそうになったので、蓋を外して更に3分半加熱。

    茹で上がったら、しっかりとお湯をきり、先ほどのスープの入った丼へ投入。ゆでたもやしに付属のアブラを上からかけます。後からのせの脂を溶かすために再度レンジで30秒だけ加熱。

    乗せたアブラがトロトロに溶けたらほぼ完成!!

    あとは、これ。桃屋の刻みニンニク!!

    こいつを好きなだけ乗せて、付属の辛魚粉をかければ「レンジde宅麺」完成!! よだれが垂れてきましたね(・∀・)

    今日使ったモノ

    宅麺の

    これだけあれば、家二郎の気分を存分に味わえます。

    好きなだけマシマシして下さい!!

    最後に

    ニンニク入れますか?

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人