\ フォローしてね /

今何時?時刻が変わるかわいい腕時計の折り方

子どもって大人のまねっこ遊びが大好きですよね。時刻が変わるこんなかわいい時計をつければ、ごっこ遊びが盛り上がること間違いなし!

今回は文字盤が四角いものとハート型のものという2つの簡単な折り紙の折り方について紹介します。お子さんの好みに合わせて作ってみてくださいね。

用意するもの

  • おりがみ2枚~4枚(ひとつの時計を作るのに2枚使用します)

  • はさみ、のり、テープ、ペンなど

四角い時計の折り方

STEP1

まず時計のベルトを折ります。折り紙を裏返しにして真ん中に折り目をつけ、両端から真ん中に合わせて折ります。

STEP2

真ん中に合わせて両側から折ります。

STEP3

もう一度真ん中に合わせて両側から折ったら、ベルトのできあがりです。

STEP4

次に文字盤を折ります。もう1枚の折り紙を三角に折って、さらに半分に折ります。

STEP5

中を開いて四角に折ります。裏側も同じように開きます。

STEP6

開く方を上にして白線のように切ります。

この部分が文字盤になります。好みの大きさに切ってください。

STEP7

切ったものに好きな時間を書きます。両側を開いてそれぞれにも書きます。

裏面はベルトにのり付けするため書かないでおいて下さい。
中をのり付けするとしっかりします。

完成!

ベルトにのり付けしたらできあがりです。子どもの腕の太さに合わせてテープで止めてあげてください。

時計以外にもキャラクターの顔などを書いてあげると子どもが喜びます。

ハートの時計の折り方

STEP1

まず時計のベルトを折ります。折り紙を裏返しにして真ん中に折り目をつけ、両端から真ん中に合わせて折ります。

STEP2

裏返しにして、真ん中に合わせて両側から折ります。

STEP3

また裏返して、真ん中に合わせて両側から折ります。

STEP4

もう一度真ん中に合わせて両側から折ったら、ベルトのできあがりです。

中をのり付けするとしっかりします。

STEP5

次に文字盤を折ります。もう1枚の折り紙を四角い時計のSTEP4~5までと同じように折ってから、半分に折ります。

STEP6

開く方を上にして白線のように切ってハート型にします。

中面をのり付けするとしっかりします。

STEP7

各面に好きな時間を書きます。

裏面はベルトにのり付けするため書かないでおいて下さい。

完成!

ベルトにのり付けしたらできあがりです。子どもの腕の太さに合わせてテープで止めてあげてください。

おわりに

子どもの好みに応じて、ベルトや文字盤の形の組み合わせを変えたり、好きな時間やキャラクターを書けば、世界にひとつだけのオリジナルな腕時計のできあがり!

12時や3時など、なじみやすい時間を書けば時計の勉強にもなるかも?

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。