\ フォローしてね /

【就活】一緒に働きたいと思われる、面接必勝法

一口に面接といっても、段階によってポイントは変わってきます。

とはいえ、どんな面接でも大切なポイントというのもあるのです。

ここでは、面接で面接官に「あなたと一緒に働きたい!」と思ってもらうための方法を紹介します。

本記事は、就活の栞のご協力により、2012年に執筆されたものです。

挨拶

挨拶は胸を張って大きな声で!

最も簡単で誰にでもできるインパクトの残し方として非常に有効です。たとえ面接の内容が芳しくなくても、最初のインパクトで「あの挨拶の大きかった○○さんね」と印象に強く残ります。

言葉使い

基本だけれど一番大事!

「敬語が苦手...」と言う人は、普段友達と話している時に敬語タイムを作って練習する事をお薦めします。

普段から使っていれば自然と使えるようになります!

相槌を打つ時間を与える

面接官と「会話」するという気持ちを忘れずに。

一つの質問に対して3、4分もだらだらと一人で話してしまう人は気をつけましょう。

面接官の相づちが入る余裕を持ち、コメントが挟まっても対応できるようにしましょう。

おわりに

上記の3つはどの面接にも共通した大切なポイントです。

十分に意識して臨みましょう。

(image by PIXTA)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。