\ フォローしてね /

【就活】就活セミナーから特別選考に乗る3つの行動

お気づきの方もいるかもしれないですが、企業が参加する自己分析や面接などの就活セミナーの段階から、既に選考は始まっています。

ここでは、就活セミナーから特別選考に乗って、他の就活生に一歩差をつけるための3つの行動をご紹介します。

本記事は、就活の栞のご協力により、2012年に執筆されたものです。

1:参加する企業を調べてセミナーに取り組む

就活セミナーに参加する企業を調べ、その企業の職種に合ったアピールの方法を考えることが大切です。

例えば、営業職を募集している企業の模擬面接では、自己PRを「営業トークより」にすることで、面接の練習をしつつ、自分をアピールすることが出来ます。

2:参加する企業を調べてその企業へ一歩踏み込んだ質問をする

就活セミナーに参加する企業は、自分の会社に合う学生を求めています。

ここで、「最近リリースした新サービスについてお聞きしたいのですが~」といった、一歩踏み込んだ質問をすることが出来れば、自分がその企業に興味を持っているというアピールになります。

自分に興味を持ってもらうと嬉しいのは企業も同じです。

3:企業の人事をアドバイザーにする

企業の人事の方をアドバイザーにすることが出来れば、一気に就職活動のペースが上がります。

「参加している企業に提出するとしたら」という視点でESセミナーを受けたり、セミナー終了後に「書き直したらもう一度添削して頂けますか?」と聞きに行くなどの一工夫をしてみましょう。

他の就活生の前での無理な質問は避けましょう。大勢の前で聞くと「そこまではちょっと」と考える企業の方に迷惑をかけてしまうことがあります。

おわりに

就活セミナーから特別選考に乗るための3つの行動をご紹介しました。ぜひ参考にしてみてください。

(image by PIXTA)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。