\ フォローしてね /

【就活】よくある質問の落とし穴と対処法

説明会や面接では「質問」の時間がありますが、皆さんはどのような質問をしていますか?

ここでは、よく質問してしまいがちな項目に含まれる落とし穴を紹介します。

本記事は、就活の栞のご協力により、2012年に執筆されたものです。

なんでも聞いていいわけではない!

説明会や面接で「何でも質問してください」と人事の方はおっしゃってくださいます。ですが、控えた方がいい質問もいくつかありますので、具体例をご紹介します。

<NG質問集>

  • 「御社の売上高はいくらですか?」

企業の売上高などの「調べればすぐに分かること」を質問すると、あなたの印象が悪くなるうえ、他のことを聞きたい就活生の邪魔になってしまいます。

企業の説明会や面接に行く前に、必ずホームページや入社案内は確認しておくのが望ましいです。
  • 福利厚生について

福利厚生が気になるのは自然なことですが、詳しく聞き過ぎることはオススメしません。福利厚生が抜群に優れている場合を除いて、「並み程度」という答えが返ってくるのが普通です。また、「福利厚生を目当てにしている受け身の学生なのかな...」とネガティブな印象をもたれることも。

企業の本業は事業の発展ですから、説明会や面接での質問では控えるのが望ましいでしょう。
  • 企業の将来性に関する質問

これも非常に気になりますが、人事担当者の方は将来性について「今後伸びるだろう」と言わざるを得ません。たとえ事業環境が悪い状況にあっても、優秀な人材を確保しなければならないことを考えれば、「将来性はある」と答えるのは当然です。

もし、気になるのでしたら、自分で判断する材料として、「今後に関する戦略」などを聞いてみましょう。
  • 「仕事にやりがいはありますか?」

ほぼ100%この質問をする就活生がいます。ですが社員の方から返ってくるのは「仕事はすべて大変。その分やりがいもある」という短い返答です。そもそも「YESかNOか」と言われているので話が膨らむはずもありません。

やりがいを感じるポイントは人それぞれですし、仕事をしていれば、程度の差はあれど、やりがいは感じるものです。

もし聞くとしたら、「やりがいを感じるのはどんなときか」などと、その人自身にスポットをあてて聞いてみると、仕事のイメージがわくかもしれません。

質問リストを作ろう

説明会や面接に参加する前に「質問集」を作りましょう

この質問集ではタブーはありません。疑問に思われたことは何でも(上のNG質問例でもOK)書き込んでみましょう。

そして一通りの質問を書き込んだら、企業のホームページや入社案内など入手可能な資料で質問の答えを探していきます。

この作業の課程で新しい疑問が浮かんだら、再び質問集に書き込みます。

最終的にリストに残った質問は非常に洗練されたものになります。

この一連の作業をすることによって、説明会では自信を持って質問をすることができます。

聞きにくいことは他の機会に

聞きにくいことは説明会や面接ではなくOB・OG訪問で解決

OB・OG訪問では、説明会などでは聞くことの難しい内容を踏み込んで質問することができます。ただし、福利厚生のことばかりを聞きすぎたり、会社のネガティブなところばかり聞き出そうとすると、OBOGにマイナスな印象をもたれてしまい、人事に伝わる...ということもありえます。

そのOBOGにしか聞けないこと、仕事のことや会社のことなどを網羅的に聞くようにしてみてください。

OBOG訪問は選考ではないですが、社会人から見られているという意識は持って臨みましょう。

必ず質問を!

面接における質問は、「この就活生はうちに興味があるのか?」と面接官が最も注目する時間に他なりません

質問リストの作成で浮かび上がった質問で企業理解を深めるとともに、印象UPを狙うチャンスです。

逆に、質問が意味不明だったり、一切質問をしなかったりすると、面接の合否に関わってきます。

おわりに

大勢の前で質問するのはとても勇気がいることですが、周到な準備をして臨みましょう。

(image by PIXTA)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。