\ フォローしてね /

【就活】知っておきたい「適性検査」の種類

このライフレシピのもくじたたむ

就職活動の選考が始まると、頭を悩ませるのが適正検査。

試験当日になって、こんな適性検査知らなかった!とならないよう、ここでは適性検査の種類と特徴について紹介します。

本記事は、就活の栞のご協力により、2012年に執筆されたものです。

適性検査の種類

SPI(SPI2)検査

リクルートマネジメントソリューションズ社が作成した就職採用用のテストです。

  • 言語能力

同意語、反意語、四字熟語、二語の関係等、いわゆる国語

  • 非言語能力

鶴亀算、濃度、年齢算、仕事算、旅人算、確立、不等式等、いわゆる算数

  • 性格検査

性格の、行動、意欲、情緒の項目にて測定するもの

の3つからなるテストです。現在はSPI2が最新のものとなっています。実施方法としては、以下の4つがあります。

  • テストセンターで受験:指定の試験会場にて、会場内のパソコンで実施
  • 企業で受験:企業内のパソコンにて実施
  • Webテストで受験:自宅などのパソコンにて実施
  • ペーパーテストで受験:マークシート方式のペーパーテストで実施
実施方法や企業により、出題範囲が異なるため、どこが出ても困らないよう網羅的に対策をしておきましょう。

玉手箱

日本SHL社が作成した就職採用用のWEBテストです

SPI2と違い、英語が科目として入っています。

  • 計数(四則計算、図表の読み取り等)
  • 言語

GAB形式の言語(本文を読んで後の問題文がその本文の内容に論理的に合っているかを選ぶもの)とIMAGES形式言語(本文を読んで、その後の問題文が本文の趣旨かどうかを選ぶもの)があります。

  • 英語(GAB言語、IMAGES言語)
  • 性格、意欲検査

GAB

日本SHL社が作成した、新卒総合職の採用用テストです

知的能力(言語・計数)とパーソナリティについての測定します。ペーパーテスト版の他に、WEB版もあります。

  • 言語

長文を読解し、その後の問題文が論理的に正しいか判断するもの

  • 計数

様々な種類の図表を読み取るもの

  • 性格

CAB

日本SHL社が作成するテストで、SEやプログラマーなどに必要な能力を測る「コンピュータ職適正判断テスト」です

「知的能力」「パーソナリティ」だけでなく、「バイタリティ」「忍耐力」「チームワーク」など、9つのコンピテンシーについて分析するため、コンピュータ関連以外の他の業界でも導入しているところもあります。

  • 暗算
  • 法則性
  • 命令表
  • 暗号読解
  • 性格テスト

TG-WEB

ヒューマネージ社作成のWEB版キャリアパーソナリティ適性検査です

ここ数年の間で実施企業が増えているテストです。いわゆる「ハイパフォーマー」と呼ばれる"その企業で実績を出せる人材"を探すためのツールです。

他のWEBテストに比べて難易度が高いと言われています。

クレペリン検査

検査の方法

1:検査用紙に並んでいるひとけたの数字を左端から順番に足し算していきます。

2:1分たったところで2段目にうつり、次の1分で3段目にうつる...ということを繰り返していきます。

前半15分、休憩5分挟んで、後半15分行います。

検査終了後、各業の最後の計算された数字を線で結ぶと曲線(作業曲線)が出来ます。その人の性格によって作業曲線に特徴が出ることから、性格検査として取り入れられるようになりました。クレペリン検査は対策が出来ません。

同じ作業を繰り返すもので結構大変なので、前日にしっかりと睡眠を取るようにしましょう。

終わりに

適性検査には様々な種類があります。

自分の受ける企業がどんな適性検査を実施するのか、事前にきちんと確認しておきましょう。

(image by PIXTA)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。