\ フォローしてね /

【就活】自己分析を深める3つのステップ

中途半端な自己分析では乗り切るのが難しい場面が就活では多くあります。

エントリーシート、一次面接、二次面接と選考が進んでいくにつれて、自分自身の理解を深めていかなければなりません。ここでは、自己分析を深める方法を紹介していきます。

本記事は、就活の栞のご協力により、2012年に執筆されたものです。

他己分析

自己分析を本格的に始める前に他己分析を!

他己分析とは、数人で集まってお互いの長所や短所を言い合う方法です。

<他己分析のコツ>

  • 長所や欠点と一緒にエピソードも言う

ただ「論理力があるよね!」と言ってもらうよりも、「こないだのゼミの発表がすごく論理的だったよ!」と言ってもらった方が自信につながります。

相手の長所や短所を指摘する時には必ずエピソードを添えるようにしましょう。
  • 全てを受け止める

他己分析は短所も指摘してもらわなければ効果が薄くなってしまいます。

自分の短所を指摘されることは気持ちのいいことではありませんが、悪い面もしっかりと見つめなければなりません。

少々心苦しいかもしれませんが、必ず効果があるので実践してみてください。

他己分析後は自己分析を

他己分析が終わったら本格的な自己分析に入っていきましょう

指摘されたエピソードと似た経験を探す

まず、友人から指摘してもらったエピソードと似ている経験がないか思い返してみてください。

もし自分の経験のなかで友人から指摘されたものと似たエピソードがあった場合には、その長所や短所を確信することができます。

「長所をどう生かして会社に貢献できるか」考える

次に、自分の長所をどのように会社への貢献につなげるか考えていきます。

長所は何かしらの点で企業に売り込めるはずなので、諦めないで考えてください。

「短所は長所に切り返す」ことを意識する

自分の短所を何かしらの長所に置き換えましょう。

エントリーシートや面接では「あなたの弱みはなんですか?」という質問をよくされます。

ここで、「気が強いことです」と答えてしまったら、あまりいい評価は得られないでしょう。「気が強い」ということは「交渉に強い」と言い換えることが可能です。

この場合には「気が強く、相手に威圧的な印象を与えがちですが、交渉では相手に一歩も引けをとらない強さがあります」と長所に切り返して答えましょう。

模擬面接

何度も自己分析を行って自己PRを洗練していくことが必要です

「なぜか何度もエントリーシートで落とされてしまう」「面接で自信満々に自己PRをしたのに首を傾げられた」と言った場合には、もう一度他己分析から再開する勇気を持つようにしましょう!

ここまで自己分析のテクニックを書いてきましたが、自己分析はエントリーシートや面接で実際に使ってからが勝負です。

おわりに

自分自身の価値をよく知って最大限にアピールし、希望の企業から内定を勝ち取りましょう。

(image by PIXTA)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。