\ フォローしてね /

【就活】アルバイト経験を効果的にアピールする3つの方法

就職活動で自分の経験をアピールする際、学生時代に力を入れたことの一つであるアルバイト経験を効果的に活用出来るかどうかは当然重要なポイントです。
ここでは、アルバイト経験をアピールする3つのポイントをご紹介します。

本記事は、就活の栞のご協力により、2012年に執筆されたものです。

1:主体性アピール

自分が主体となってしたことをアピール

大多数の企業ではチームワークが前提となるので、学生がチームの中でどれだけ貢献するか、どれだけ主体的に動けるバイタリティを持っているかを計りたがっています。

  • 仕事の役割分担を変えた
  • 仕事をもっと効率良く進める方法を提案した
  • マニュアルには無かったけれども、お客様が喜ぶためにこんな工夫をした

など、些細なことでも充分アピールポイントに成り得ます。

2:学んだことアピール

どう成長したか・何を得たかをアピール

物事を学び吸収する力は、社会人として新しい仕事に挑戦し馴染んでいく過程で大事な要素です。アルバイトは立派な「仕事」なので、そこでどんなことを吸収したのかを企業に伝えることは効果的です。

学んだことが企業の仕事内容に直結していると理想的です。

3:辛かった経験アピール

どれだけタフで打たれ強いのかをアピール

アルバイト経験は学生の生活の中でもタフネスさを磨く良い機会であることが多く、何か思い当たるエピソードがあればこの観点からアピールすることも良いでしょう。

具体的な経験をもとに語るようしましょう。

おわりに

アルバイト経験を効果的にアピールする2つのポイントをご紹介しました。

学生生活の中の多くの時間を捧げたアルバイトの経験をどうアピールするか。就活前によく考えてみましょう。

(image by PIXTA)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。