1. コミュニケーション
    2. 【就活】面接で答えに詰まった時の対処法4つ

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    【就活】面接で答えに詰まった時の対処法4つ

    面接で突っ込まれて答えが出なかった、予想しない質問にびっくりして答えられなかった、突っ込まれすぎて何を言っているのか分からなくなってしまった...という経験をされた方も多いのではないでしょうか。

    ここでは、面接で答えに詰まった時の対処法を4つ紹介します。

    本記事は、就活の栞のご協力により、2012年に執筆されたものです。

    1:少し考えてから答えよう

    即答しなくてもOKです。

    質問の意図が分かりづらかった場合には、

    • 「こういう質問と捉えたのですがよろしいでしょうか?」と聞き返す
    • 「少しだけお時間をください」と、10秒くらい時間をもらってみる

    等の対応をしてみましょう。

    即答して考えが足りず、薄い回答になってしまうのを防ぐことができます。

    落ち着いて、一つ一つの質問に回答していきましょう。

    2:考えることを放棄しない

    簡単に「分かりません」と言ってしまうのは、避けましょう。

    例えば、時事問題や社会情勢、企業の方向性など考えないと分からない質問の場合です。面接で突っ込むのは、その人の考えの深さやちゃんと考えることが出来るかを見るためでもあります。

    逃げずに、ちゃんと自分で考えた答えを伝えましょう。

    3:素直に認める

    素直に自分の勉強不足や間違いを認めよう

    企業や業界研究等で勉強不足、間違いを突っ込まれた時に、それを認めずに張り合ってしまう方がいます。

    社会に出ると、上司や同僚からの指摘や注意が増えます。その時に素直に聞くことができないと、育てる方も育てづらいですし、何よりも本人が伸びずに苦労してしまいます。多くの企業でも、愚直に吸収できる素直さは評価されるケースが多いです。

    自分の勉強不足であることを認め、その上で今後どうするかまで伝えて相手に理解してもらいましょう。

    4:会話を楽しむ

    面接は会話が大事です。

    面接で突っ込まれて上手く返せないこと思うことが続くと、自分の答えに自信がなくなってしまい、萎縮するかもしれません。そうすると、面接自体の雰囲気も堅くなって、面接がうまく進まなくなってしまいます。

    面接は、企業側がジャッジするとともに、あなたも企業をジャッジする場です。立ち位置は同じです。

    面接で答えに詰まったら、ちょっと一呼吸いれて落ち着き、相手とキャッチボールが出来るよう、再度意識してみてください。

    おわりに

    面接もいつもの会話と同じキャッチボールです。

    うまく答えられなくても焦ることなく、落ち着いて進めましょう。

    (image by PIXTA)

    このライフレシピを書いた人