\ フォローしてね /

【就活】合同説明会に参加する時の5つの心構え

大手や中小問わず、様々な企業が集まる合同説明会には、就活生のほとんどが参加します。ここでは、合同説明会に参加する時の3つの心構えをご紹介します。

本記事は、就活の栞のご協力により、2012年に執筆されたものです。

1:前日までに、参加する企業を調べておく

あらかじめインターネットなどで参加する企業を調べ、説明を聞きたい企業を3~6社程度チェックしておきましょう。これで当日まわるのがスムーズになります。

2:まずは空いているブースにいってみよう

大手企業のブースはほぼ終日満員状態です。最初は空いているブースや、今まで聞いたことのない業界や企業のブースを中心にまわってみましょう。思いがけない優良企業を見つける事ができるかもしれません。

3:色々な業界の企業パンフレットを見比べる

会場で入手できる企業の採用パンフレットには、採用HPや、就職ナビサイトには載っていない情報がたくさん載っているので、企業で働くイメージを固めるのに便利です。プロジェクトの具体的内容や1日のタイムスケジュールなどが載っていることもあります。

先輩社員の写真や、キャッチコピー、色使いなどのデザインから、企業の雰囲気を知る参考にもなります。

4:目標を決めて参加する

  • 「IT業界の中で2社以上は説明を聞く」
  • 「銀行と証券だけは説明を聞く」

といった具体的な目標を事前に設定しておきましょう。広くて混雑した会場を慣れないスーツで無駄に歩きまわるのを防ぐことができます。

5:業界だけでなく、企業の規模も偏りなく聞く

せっかく多くの企業が集まるので、大手ばかりでなく、今まで知らなかったような中小企業をメインに回ってみましょう。大手と変わらないような福利厚生がある中小企業や、ニッチな業界でトップシェアをもつ中小企業もたくさんあります。

合同説明会という場を自分の就職活動の視野を拡げる機会にしましょう。

おわりに

合同説明会に参加する時の5つの心構えをご紹介しました。しっかりと準備をして有意義な合説にしましょう。

(image by PIXTA)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。