\ フォローしてね /

【就活】安定志向の人が今一度考えたい事4つ

このライフレシピのもくじたたむ

就職活動中の皆さんのなかには、「安定しているから」という理由で大手企業への就職を目指している人もいるのではないでしょうか。

「なんとなく大手がいいかな...」「周りが大手を受けるから私も大手がいいな...」などと、無意識のうちに大手志向になっている人もよくいます。

「大手=安定している=働きやすい」という図式は今日で捨て去りましょう。

なんとなく大手志向になってしまっているあなたに、一度考えてほしい4つのポイントを紹介します。最後まで読んでよく考えてみてくださいね!

4つのポイント

1:大手企業が大手企業であり続けている理由を考えよう

大手企業が大手であり続けられるのは、大手であり続けるための努力をしているからです。

こんな当たり前のこと言うと笑われてしまいそうですが、大手企業の努力は文字で表すことができないほど凄まじいものなのです。

当然、大手企業にもライバル会社がいます。そして業界トップクラスの企業群は「我こそがリーディングカンパニー」と主張して熾烈な競争を繰り広げています。

競争を勝ち抜くために、必死になって大手企業の皆さんは働き続けています。業界のトップ企業、大手であるための努力は本当に大変です。まずこの事実をもう一度考えてみてください。

2:高額な給料は多忙な日々への対価である

よく「年収は絶対に高いところがいい」という理由で大手を目指す人がいます。

確かに仕事のモチベーションを維持するためには、お給料も大事な要素です。しかしながら、年収が高いということはそれだけ仕事も忙しいということを忘れないでください。

「大手は仕事も楽で、年収もいい」という都合のいい話はないと思った方がいいでしょう。

3:大手企業の求めるレベルは高い!

常にライバル企業との熾烈な争いを繰り広げている大手企業ですが、その努力は採用活動にも顕著に現れます。

近年の大手企業の採用方針は「厳選採用」です。ライバル企業との競争に打ち勝つために、将来的に会社に貢献してくれるであろう人材を企業は求めています。

当然、自社にふさわしい人材であると判断されなければ採用はされません。採用予定数を下回ってしまっても、優秀でなければ採用はしない傾向にあります。

逆に、優秀な学生を見つけた場合には、たとえ他社から内定が出た学生でも欲しくなるわけなので、優秀な学生は複数企業から内定が出ることになります。

有能な人材に内定が集中してしまうのも頷ける話なのです。求めるレベルと認められるためにも、相当な努力と覚悟が必要になってくることを、覚えておいてください。

4:単純な大手志向からの脱却方法

最後に、短絡的に大手企業を志向しないための方法をご紹介します。

「自分が何をしたいのか、そしてやりたい仕事ができるフィールドはどこか?」を問い直してみてください。

深く考えた結果、「大手企業には伝統とノウハウ、そして優秀な人材が揃っている。そのような厳しくも恵まれた環境で日本一、世界一の仕事がしたい。」と改めて考えるなど、自分のやりたいこと=大手のほうが叶いやすいのであれば、大手企業へ挑戦も、より意味のあるものになります。

あなたがやりたいことは大手以外の企業でも叶えられるかもしれない、ということを忘れないでください。

おわりに

エントリーシートの提出や面接が本格化する前に、大手企業への考え方だけでなく、自分なりの就活哲学をある程度持っているといいかもしれません。

(image by PIXTA)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。