1. コミュニケーション
    2. 【就活】複数内定で悩んだ時の対処法3つ

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    【就活】複数内定で悩んだ時の対処法3つ

    このライフレシピのもくじたたむ

    就職活動も終わりにさしかかり、複数内定がある場合、どっちに決めよう...と悩む方もいるのではないでしょうか。

    その判断をする際に、感情やなんとなくで決めてしまうのは危険です。

    今回は客観的に判断し考えを整理する方法を3つ紹介します。

    本記事は、就活の栞のご協力により、2012年に執筆されたものです。

    複数内定で悩んだ時の対処法

    1:自分が大事だと思うことを可視化しよう

    まずは、自分が何を大事にしたいか考えて羅列してみましょう。そして、出てきた大事にしたいことに優先順位をつけてみましょう。

    そうすると、自分が一番何を大事にしたいかが見えてきます。

    次に、優先順位を内定先企業に当てはめてみましょう。

    縦に優先順位順に大事にしたいことを、横に内定先を記入した下のような表を作成し、それぞれの項目を×、△、○、◎で自分なりに採点します。

    客観的に見てみると、あまり差がないと思っていた企業2社でも、差があることが分かってきます。

    面接に進んでいる企業と、内定先企業を比べる場合には、1のところで「面接に受かる可能性」も優先順位に入れて採点すれば、客観的に見ることが出来ます。

    2:OB・OGや社会人に話を聞きに行こう

    客観的に見てみても、いまいちしっくりこない…。そんな時には、1の大事なことを可視化したうえで、内定先企業にいるOBOGや社会人の先輩に話を聞きにいってみましょう。

    内部から見て、社会から見てどうなのか、やりたいことが出来るのか、採点した項目は社会人から見るとどうなのか、等、教えてもらいましょう。

    もしかしたら、人事が良く伝えすぎていたこともあるかもしれません。イメージ良く(もしくは悪く)捉えていたことが実は違うかもしれません。そして、1と2を合わせて、総合的に判断してみましょう。

    3:焦りすぎないようにしよう

    人事から催促の連絡があったり、回答の期限があったり、他の面接も進んでいたり...と、焦ってしまうこともあります。

    ここでの決定は、この後の方向性も決める判断になるかもしれません。

    決して焦らず、周囲にも相談しながら落ち着いて決めていってくださいね。

    おわりに

    選択肢があると人は悩みます。それを感情で判断するのではなく、ちゃんと自分の考えを整理して、周囲の話も聞いて、納得のいく判断が出来る材料を集めることが重要になります。

    あなたが納得いく決断ができるよう、行動していってくださいね。

    (image by PIXTA)
    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人