1. コミュニケーション
    2. 【就活】面接突破したらやっておきたい3つの事

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    【就活】面接突破したらやっておきたい3つの事

    面接に通過し、次に臨んだものの、「前回はうまくいったのに、今回は出来なかった...」なんてことはありませんか?

    そこで今回は、面接を突破してからやっておきたいポイントを3つ紹介します。

    本記事は、就活の栞のご協力により、2012年に執筆されたものです。

    面接に向けてやっておきたいポイント

    1:前回の面接を振り返ろう

    前回の面接で出来たところ、出来なかったところは面接終了後に、なるべく早めに振り返っておきましょう。

    もし通過となった場合、次回の面接で「出来なかったところ」を突っ込まれる可能性があるからです。

    面接官は、前回の面接官が面接の中で評価したこと、気になったこと、次回面接で確認して欲しいこと等を事前に共有されています。(口頭での共有か、共有するためのシートがあります)

    面接官は共有されたことを念頭に置いて面接をするので、前回の面接で突っ込まれてうまく答えられなかったことや、気になるポイントを重点的に聞いてくることがあります。

    良くなかった部分の評価を覆せるように、出来なかったところは必ず克服しておきましょう。

    2:面接官の視点を想像しよう

    1次面接は人事、2次面接は現場の課長クラス...と面接官は変わっていきます。

    その面接官との相性もあれば、話しやすさも変わってきます。前回話しやすかったからといって、次回も同じだとは限りません。

    また、前回評価されたことを改めて評価されるとも限りません。次の面接官がどういう立場で、何を見てくるか、面接官の視点を想像した上で、対策を練りましょう。

    3:再度企業研究をしよう

    面接を進むにつれて、「会社のことはある程度知っているだろう」という認識のもと、面接官は臨んできます。

    そのため、面接前に再度志望企業を調べておきましょう。企業HPやナビサイトの情報に、実際に訪問したり社員と話した内容を加えて、

    • この会社はどういう会社なのか(商品、サービス、理念、社風等)
    • どういう人がいるのか(求める人物像、雰囲気等)
    • 惹かれるところは何か、会社から求められていることは何か
    • 何が出来るか(出来そうか)

    をまとめて準備してみてください。

    おわりに

    通過したからといって安心してはいけません。

    最終面接、内定へと続き、入社してからが本番です。

    気を抜かずに、一つ一つの面接を大事に臨んでいってくださいね!

    (image by PIXTA)

    このライフレシピを書いた人