1. コミュニケーション
    2. 【就活】グループ面接で気をつけたい4つの残念行動

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    【就活】グループ面接で気をつけたい4つの残念行動

    面接の初期段階で多くの企業が導入しているグループ面接(集団面接)。このグループ面接では限られた時間内に、複数の学生が同時に面接を行うので、学生一人が話す時間は非常に限られてきます。

    ここでは、グループ面接で気をつけたい4つの残念行動をご紹介します。

    本記事は、就活の栞のご協力により、2012年に執筆されたものです。

    1:人の番だからといって気を抜く

    これは多くの人によくある傾向で、自分の番でないならば自分は無関係であると思ってしまうものです。グループ面接は、あくまで集団なので他の人の意見に対して耳を傾けているのかというのも評価のポイントになります。例えば、相手の話に対し適度な相槌や興味を示したりするようなことです。

    • 他の人の話した内容についてどう思いますか?
    • 隣の人がどういう人なのかをPRしてください

    という類の質問も少なくはありません。

    他の学生はどういう方なんだろう?という意識を常に持ちましょう。

    2:他人の話にやたらと反応する

    1は自分だけでないことを意識しよう、という内容でしたが、逆に相手の話に対して過剰に反応しすぎるというのも不自然です。相槌などの反応は「適度に」するように心がけましょう。

    少なくとも普通に相手の話を聞く感じが自然体です。

    3:話がやたら長い

    グループ面接では1人当たりの話せる時間が限られている分、長い話は他の人の話す時間にも影響します。面接官から何分でという指定を受けることもあるので、しっかりと規定の時間の前後で収めるようにしましょう。

    規定時間内でしっかりとPRできるように、長い用のPRとコンパクト版のPRとをそれぞれ用意しておくと良いでしょう。

    4:最後の質問で「何もない」

    面接の最後には、必ずと言ってよいほど「聞きたいことはありますか?」という質問があります。

    これは、言い足りなかったことを言わせてあげようとする企業側の好意であると同時に、問題意識のレベルを見ているものです。せっかく最後に自分を売り込めるチャンスがあるのですから有効に活用しましょう。

    就活生にとっての大衆媒体(HP・パンフレットなど)でわかるような質問は研究不足ということでマイナス効果になるので注意しましょう。

    おわりに

    グループ面接で気をつけたい4つの残念行動をご紹介しました。あくまで「グループ(集団)」なので短時間であり、個人面接とは一味違うところも見られているということを意識して臨みましょう。

    (image by PIXTA)

    このライフレシピを書いた人