\ フォローしてね /

あやとりで東京タワーをつくる方法

あやとりは、1本の紐を輪にして、両手の指にひっかけながら様々な形をつくっていく、伝統的な子供の遊び。「ドラえもん」の登場人物のび太の特技としても知られていますが、日本だけでなく、世界中に似た遊びが存在しているそうです。

日本のあやとりは、「はしご」や「ほうき」など、1人で出来るものと、2人で交互に取り合う「ふたりあやとり」があります。

今回紹介するのは、1人で出来る「東京タワー」。子供の頃にやった覚えがあるけど「はしご」や「ほうき」のように、すぐに思い出せない。そんな、少しだけ難易度の高い「東京タワー」をパパッとつくれたら、ちょっとした自慢になるかも?

本記事は、オトナコドモラボのご協力により、2010年に執筆されたものです。

あやとりで東京タワーをつくろう!

用意するもの

  • 200cmくらいの紐(子供の場合は160cmくらい)

紐の種類は、どんなものでもOKですが、毛糸や組紐など柔らかく3mmほどの太さがあるものがやりやすいです。もちろん市販のあやとり専用紐でもOK。また、今回は東京タワーをつくるので、赤い色の紐が理想です。

紐の長さは、市販のものは大人用が180cm、子供用が140cmくらいですが、東京タワーをつくる場合は、少し長めの紐が綺麗に見えます。

やり方

STEP1:基本の構え

  • 両手の親指と小指に紐の輪をかける
  • 両手の中指で逆側の手の親指と小指の間にある糸を取る

STEP2:2段はしご

  • (基本の構えの状態から)親指をはずす
  • 親指で、小指側から一番奥の紐を、下側から取る

STEP3:4段はしご

  • (2段はしごの状態から)親指で、小指側の奥から2番目の紐を、上側から取る
  • 小指をはずす
  • 小指で、小指側の奥から2番目の紐を、上側から取る
  • 親指をはずす
  • 親指で、小指側の奥から2番目の紐を、上側から取る

STEP4:6段はしご

  • (4段はしごの状態から)親指で、人差し指と中指の間の紐を、上側から取る
  • 親指に元々かかっていた外側の紐をはずす
  • 親指の近くに出来た三角形の穴に、中指を入れる
  • 小指をはずす
  • 手のひらを返すように下にして、親指と中指を広げる

STEP5:完成

  • (6段はしごの状態から)片方の手の親指と中指を広げ、もう片方の手の親指と中指をくっつける
  • くっつけた方の手を上にすれば、東京タワーの出来上がり

おわりに

いつでもどこでも、1本の紐さえあれば出来てしまうあやとり。

子供に教えてあげたり、飲み会やコンパのネタとしてもおすすめです。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。