1. コミュニケーション
    2. 【就活】エントリーシートの見直し方3つ

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    【就活】エントリーシートの見直し方3つ

    就職活動では必須のエントリーシート。日記やブログなどで特定の読者を想定しない文章作りに慣れてしまっている方にはエントリーシートは特殊にうつるかもしれません。

    とはいえ、エントリーシートの通過率を高めるためにも見直しは重要です。ここでは、自分の文章を見直すオススメの方法を3つ紹介します。

    本記事は、就活の栞のご協力により、2012年に執筆されたものです。

    1:朝に見直す

    見直しに適している時間帯があります。みなさんも徹夜で書き上げた学校のレポートが支離滅裂であったという経験があるのではないでしょうか?

    夜に書き上げて、見直ししたとしても、もう一度朝のすっきりした頭で見直す事をオススメします。

    2:プリントアウトして見直す

    PC上の文章から、実際にプリントアウトしてみましょう。

    紙にすることで自分とエントリーシートを切り離すことができて読み手=採用担当者により近い視点になることができます。

    思わぬ見落としが発見できるかもしれませんよ!

    3:親・兄弟・姉妹に見てもらう

    学校の試験と違って一人でエントリーシートを書き、誰の目にも触れず提出されるケースが多くなりがちです。身近な環境から第3者視点を調達するには家族に頼ることが一番です。

    その際に「ちょっと頼みにくいな」と思ったら「誤字脱字や論理だけ見て」とお願いしましょう。特に両親は内容そのものを指摘しがちですが、提出先の企業の求める人物像、そこから書くべき内容を理解しているのはみなさんです。

    見直しだけしてほしいのか、内容の相談をしたいのかはっきり伝えましょう。

    おわりに

    企業によっては説明会のその場で書かせることもありますので、日頃から見直しの習慣をつけておくとよいでしょう。

    (image by PIXTA)

    このライフレシピを書いた人