\ フォローしてね /

【常見陽平直伝】社会人と学生の違い

社会人と学生の違いとは何でしょうか。ここでは、その違いについて紹介していきます。

本記事は、就活の栞のご協力により、2012年に執筆されたものです。

気づけば自己中になってしまっている学生

インターンシップのアウトプットに、グループディスカッションの発表、エントリーシートに面接、学生のやりたいことは、若者ならではの熱や、ユニークな視点を感じることがあるものの、何か物足りなさを覚えます。

その理由は、ひとりよがりで自己中心的な事が原因でしょう。商売でやる以上、相手にとってメリットがないといけません。

いくら「この商品はいいですよ」と言われたところで、何らかのメリットを感じないと買わないのと同じことです。
少なくとも「これは売れそう」「儲かりそう」という臭いがしなくてはいけません。

作品と商品は違う

作品は自分の想いをこめて、スキルを活かし、作り上げるものです。一方、商品というのは、値段分以上の価値があって(厳密には適切な価値があって)、売れるものでなければならないわけです。

ビジネスをするということは、作品ではなく商品(あるいはサービス)をつくり、売るということなのです。そして、お客様の課題解決に役立つものでないといけないのです。もっとも、顧客に迎合しすぎても無難なものになってしまいます。

そして、提供価値は常に陳腐化していきます。常に価値を高めること、維持することに取り組まなければなりません。

おわりに

「お役に立ち、儲かる」ことはビジネスの基本であり、学生と社会人の違いです。意識してみましょう。

(image by PIXTA)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。