\ フォローしてね /

【常見陽平直伝】採用のウソの見抜き方

「就活は学生も企業も騙し合いだ」という声をよく聞きます。厳密にはウソではないのですが、お互いにかなり「盛って」話している事があるわけです。

ここでは、よくあるウソの見抜き方を、具体的な例をもとに紹介していきます。

本記事は、就活の栞のご協力により、2012年に執筆されたものです。

よくあるウソ7パターン

1:できたばかりの制度、ほとんど活用されていない制度

こういう制度を採用活動では打ち出すわけですが、できたばかりの制度がすぐに定着し、活用されるとは限りません。毎年、採用活動でアピールされるわりには、全然活用されていないこともあります。

2:先行き不透明な新規事業

「シニア向け新規事業に参入!」「○○とコラボした商品を発売!」などのニュースを採用活動でも打ち出してきますが、新規事業や新商品がそうそう上手くいくとは限りません。そして、それに関わる可能性を臭わせて学生の興味をひくです。

3:言うだけのグローバル化

そもそもこういう企業に限って、グローバル化とはどんなものか、社員も受ける学生もわかっていません。

4:出てくる社員の魅力が異常

普通に考えるとわかりますが、こんな人だらけではないです。採用活動がトップスター総動員の演劇になっている企業もあります。

5:ありえないお給料

「20代で月収40万円も可能」など、給料がよいことを押し出している場合、「よっぽど会社の業績、個人の成績が良ければありえる」という話で、社員の皆がそんなにもらえるわけがない事も念頭にいれましょう。

6:「社会ではこれが常識です」という言い方

世の中の相場を伝えるのも採用担当者の仕事ですが、本当に正しいのかは裏をとるべきです。

7:配属などに関すること

「○年目でもこんな仕事ができますよ」「若くして営業から商品企画に移った人もいますよ」などと言って、あたかも希望の仕事ができるようなことを臭わせますが、人事に絶対はないです。

嘘を見破る方法

ウソを見破るコツはデータ、ファクト、ロジックを見なおしてみるということです。

  • 「具体的なデータはどうなのか?」
  • 「例えば、どんな例があるのか?」
  • 「ちゃんと筋が通っているのか?」

ということをチェックしましょう。特に「数字をチェックする」ということを意識しましょう。「文章としては正しいが、数字を見るとウソだとわかる」ということがよくあります。「それは本当なのか?」を検証する癖をつけましょう。

IRレポート、CSRレポート、各種記事などで、数字を確認してみましょう。

おわりに

採用活動において、言っていることは正しそうだが、数字でみないとまったく分からない、説得力がないということはたくさんあります。

「それは本当なのか?」を検証する癖をつけましょう。

(image by PIXTA)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。