\ フォローしてね /

【常見陽平直伝】ESを書く前にやりたい、良文の「カキペ」

ブログなどとは異なり、ESのような機能的な文章を書くためには、慣れが必要です。

ここでは、ESを書く前に行いたい、「良文の書きペ」のやり方を紹介します。

本記事は、就活の栞のご協力により、2012年に執筆されたものです。

良文の「書きペ」

良文を写してみよう

朝日新聞での「天声人語」など、新聞のコラムは言いたいことがはっきりしていて、短文の中にポイントと主張がギューッと詰まっています。熟語の使い方なども絶妙で、しまる文章になっています。

これを手で書き写す(書きぺ)という練習を2回くらいしてみましょう。

文章のリズム含め、良文とは何なのかが分かります。

「世の中一般でいう良文」を写すことに意味があります。

エントリーシートの見本を書き写す練習をしても「型」は学べますが、埋没するものになりがちなので要注意です。

なぜこれが有効なの?

普段書いているブログやmixi日記などと、エントリーシートでは決定的に違うことがあります。

言ってみれば前者は「作文」です。自分と、もともと共感してくれる仲間くらいに届けばいいのです。

後者が決定的に違うのは「機能的な文章であること」ということです。

あなたという人がどんな人で、この人を採用したら得しそうなのか(基礎力があるのか、会社に合ってそうか、会社に新しい風を入れてくれそうか、今後成長しそうかなど)、その根拠は何なのかが伝わるということですね。

社会人視点での「機能的な文章」を書くことに慣れる必要があるため「書きペ」が有効なのです。

おわりに

エントリーシートを書く前には是非参考にしてみて下さい。

(image by PIXTA)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。