1. コミュニケーション
    2. 【常見陽平直伝】最終面接で落ちてしまう人の7つの理由

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    【常見陽平直伝】最終面接で落ちてしまう人の7つの理由

    せっかく最終まで進んでも、落ちてしまう理由はなんでしょうか?ここでは、最終面接で落ちるパターンを紹介します。

    本記事は、就活の栞のご協力により、2012年に執筆されたものです。

    1:志望動機が進化していない

    その企業にエントリーしている頃から、最終面接にかけて、企業に対する理解も、そこで働きたい意欲も、MAXに向かっていくことを期待したいところですが、そこが進化していない人は厳しいですね。

    選考を通じて理解度が進むわけですから、より深く進化していくはずです。

    2:入社意欲が足りない

    採用側は、「内定を出した人には、全員、ちゃんと入社してもらいたい」と考えています。「第一志望ですか?」「内定を出したらウチにきますか?」という質問に、ハイといえるかどうか、そこに説得力があるかどうかで分けられます。

    3:面接官を理解していない

    面接は基本的に、進めば進むほど「えらい人」が出てきます。最終面接では、大手企業でも社長が出てくることさえあります。

    経営視点で「今後必要な人材か?」とジャッジされること多数です。

    4:直球質問に答えられない

    会社での「えらい人」はせっかちで、ぶっきらぼうに本質直球質問を投げてきます。これに戸惑ってしまうのはNGです。

    大人とのコミュニケーションに慣れておきたいところです。

    5:極度に緊張してしまう

    内定がかかっていること、そして面接官が「えらい人」で、面接会場も役員応接室などなので、雰囲気で極度に緊張してしまうことも。

    一緒に受けている学生も猛者ぞろいなので、待合室で緊張してしまうことも。

    自分を出せるように緊張をなるべくほぐしておきましょう。

    6:全体のバランス

    これは本人にはどうしようもないこと

    特に後半の日程になればなるほど、他の内定者の顔ぶれが決まっているわけです。採用する際は求める人材のタイプを何パターンか決め、割合を決めていることも。

    「この学生、優秀なんだけど、もうこういうタイプは採ったんだよな・・・」こんな理由で落ちてしまうことは実際あります。

    7:決め手がない

    初期段階では迷ったら通し、最終段階では迷ったら落とすのが面接官の法則です。

    「これだ!」という決め手がない学生は落ちる傾向にあります。

    おわりに

    中には対策不能なものもありますが、最終面接に向けて、考えと行動をブラッシュアップしていきましょう。

    (image by PIXTA)

    このライフレシピを書いた人