1. 趣味
    2. 新しく趣味を見つける3つのコツ

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    新しく趣味を見つける3つのコツ

    趣味に没頭してイキイキしている人を見ると羨ましくなりますね。何か自分も趣味を見つけたい。けれど何をしたらいいのか分からない、そんな人も多くいると思います。新たな趣味を見つけるために、筆者が実行したことを紹介したいと思います。

    1:ジャンルを絞る

    スポーツ系がいい、などと何となく自分のやりたい分野が分かっているのであればいいのですが、それすらも分からない人はまず自分に向いてそうなジャンルを大まかに絞っていきましょう。たとえば、以下のようにおおまかでいいので考えてみましょう。

    • インドアかアウトドアか
    • お金がかかってもいいのか、かけたくないのか
    • こつこつ1人で続ける系か

    2:アンテナを張る

    世の中には様々な情報が溢れています。常にアンテナを張って気になったことはメモをとるなりして調べてみましょう。

    • TV、ラジオなどで気になったことは調べてみる
    • インターネットの利用
    • 地元情報誌に注目する
    • 友人やまわりの人の趣味に注目してみる

    TVなどで見かけて気になったことはインターネットろ利用して調べてみてましょう。気になることがなくとも、検索欄に「趣味」と打ち込むだけで様々な趣味の情報が出てきます。

    また、地元情報誌に注目してみるのもいいでしょう。趣味のサークルがメンバー募集の広告を出していることがあります。気軽に見学させてくれる場合もあるので注目しておきましょう。

    友人など、まわりの人の趣味に注目してみるのもいいと思います。気になったら紹介してもらいましょう。趣味友達も同時にできてよいですね。趣味を持っている人だけでなく、趣味がない人にも声を掛けてみましょう。

    筆者は1人でサークル見学などに行く勇気がなかったので同じく無趣味の友達を巻き込んで趣味探しをしていました。同じ趣味が見つかればラッキーですね。

    3:手を付けやすいものから始めてみる

    一生懸命情報収集をしてもピンとくるものが中々見つからない時には、取り合えず手を付けやすそうな趣味から始めてみるのもひとつの手です。なるべく初期費用がかからず初心者でも関係なく続けられそうなものがいいですね。

    • 読書(図書館を利用すれば無料)
    • 料理
    • ウォーキング
    • 懸賞

    筆者は懸賞に手を付けましたが、続かなかったとしても無駄にならないし当たればラッキーと思えたので、やめても時間の無駄にならないようなものを選ぶとよいと思います。

    おわりに

    趣味がなかなか見つからないという人は初めから「これは向かない」「面倒くさそう」などと切り捨ててしまっているのではないでしょうか。出来そうなことはやってみるというフットワークの軽さが必要だと思います。没頭できる趣味を見つけて今まで何となく暇つぶししていた時間をイキイキすごせるとよいですね。

    (Photo by 足成

    このライフレシピを書いた人