1. コミュニケーション
    2. 【常見陽平直伝】「入社してやりたい事は?」に対する答え方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    【常見陽平直伝】「入社してやりたい事は?」に対する答え方

    エントリーシートや面接で「当社に入社して、やってみたいことは何ですか?」という質問がよくあります。このように、質問されたらどのように答えますか?

    ここでは、この質問に値する答え方のポイントを紹介していきます。

    本記事は、就活の栞のご協力により、2012年に執筆されたものです。

    実現可能性と企業のメリット

    「こんな新規事業を立ち上げたい」「こんな商品を作りたい」と言う場合、意識しておきたいことは2つです。

    • 「実現可能性」
    • 「その企業にとってのメリット」

    です。自分がやりたいということだけでなく、企業がその取り組みによって儲かるのか、メリットがあるのかが大事になってきます。

    現在、取り組んでいないとしたらその理由は何なのかも考えるといいでしょう。

    欠けがちな視点

    社会に出てからの仕事はまさにそうなのですが、自分のやりたいことではなく、相手にとってメリットのあることをしなければなりません。

    学生に欠けがちな3つの視点を紹介します。

    • 「それで儲かるのか」
    • 「実現可能性はどうなのか」
    • 「お客さんは喜ぶのか」

    いう視点です。「志望動機」や「入社後にやりたいこと」にこの視点をプラスしてみましょう。

    おわりに

    この点を徹底的に意識して内定を勝ち取った学生もいます。

    是非参考にしてみて下さい。

    (image by PIXTA)

    このライフレシピを書いた人