\ フォローしてね /

【常見陽平直伝】「社員が魅力的」という理由とその伝え方

「説明会で会った社員が魅力的だった」 という志望動機を口にしている方も多いと思います。

ここでは、そもそもなぜ、社員は魅力的に見えるのか?

より説得力のある伝え方とは何かについて考えてみたいと思います。

本記事は、就活の栞のご協力により、2012年に執筆されたものです。

社員が魅力的に見える3つの理由

なぜ説明会で会う社員が魅力的に見えるのでしょうか?答えは3つだと考えています。

1:学生によっては、社会人との接点がないので、このような場に出てくる社会人が素敵にみえてしまう

鳥が最初に動くものを親だと思うことに近いと言えば、近いでしょうか?例えば、OB・OG訪問をしない学生は6割いるのです。社会人と会ったことがないので、その人が実態よりも素敵にみえてしまうのです。

先輩社員を過度に評価しないためにも、たくさんの社会人に会っておいた方が良いでしょう。

2:説明会や選考などに現れる社員は、学生にとって魅力的な人が選ばれている

いくら仕事ができても、学生に対する印象が悪い人は会社説明会には出しません。

3:説明会、選考などに参加する社員はトレーニングを受けている

そこで、人事部や外部のトレーナーから「こんな話をしてほしい」「こんなことは絶対に言ってはダメ」などの指導を受けているわけです。

魅力を語る時のポイント

とはいえ、「社員の魅力」は企業を選ぶ上での大切なポイントのひとつではあります。では、志望動機などで「社員の魅力に惹かれて」と伝える際に気をつけるべきポイントは何でしょうか?

1:社員のどこを魅力的だと考えたのかを具体的に言う

「社員が魅力的で」だけでは伝わりません。言動、その人の仕事などから感じたことを伝えましょう。

2:背景にあるものを考える

なぜ、その人が魅力的なのか?そこには、企業のビジョンに共感する人が集まっているからだとか、人材育成のしくみ、仕事の任せ方などに起因するものがあるはずです。

3:自分が考えたことを話す

例えば、自分はその社員と会ってどう感じたのか、自分もその社員のようになりたいと思うのかどうか、同じような力を持っていると感じるかどうか、などです。

おわりに

「社員が魅力的で」とありきたりの言葉で片付けるのではなく、自分の眼で見て、考え、感じたことを、自分の言葉で伝えましょう。

(image by PIXTA)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。