1. コミュニケーション
    2. 【常見陽平直伝】「自分の強み」はみんなで探そう

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    【常見陽平直伝】「自分の強み」はみんなで探そう

    「自己PRで使えるようなネタがない」「そもそも、私の強みって何だろう?」という方も多いのではないでしょうか。

    ここでは、自分の強みを探すヒントを紹介します。

    本記事は、就活の栞のご協力により、2012年に執筆されたものです。

    自分史共有会

    他者の視点を取り入れる

    幼少期から今まで、時代ごとにどう生活していたが、印象的な出来事、そこから発見される気づきなどを書きだすわけですが、多くの人は自分だけで振り返って終わっています。

    ここに、他者の視点を取り入れてみましょう。

    やり方

    • 3人~5人程度の仲間で集まります
    • 自分史をしたものを共有します
    • 1人15分~20分で説明します
    • その後約1時間かけて、気になる出来事についてみんなで質問をし合いましょう

    「高校時代に、サッカーで県大会優勝したそうなんだけど、その時に最もこだわったことは何なの?」「チームメイトは君のことを、どういう風に思っていた?」など。自分では何となく普通だと思っていた出来事も、他者の視点でみると、「すごいじゃん、それ」と評価されることもあるでしょう。他者の視点も加えて、じっくりやることがポイントです。

    自分10大ニュース共有会

    自分のこれまでの人生における10大ニュースを書き出し、同じように共有しあいます。

    「10大ニュース」というかたちにすると、最後の方になると「他に何があったかな?」と必死に考えないと出てこないでしょう。

    「小さいようで自分の人生にとって大きな転機」に気づき、自分では認識していなかった強みに気づくキッカケになります。

    自分の強みブレスト大会

    やり方

    • 3人~5人で集まります
    • 大きめの付箋を用意し、自分とみんなでその人にとって思い浮かぶ、強みや特徴を書き出す
    • 1人30個くらい書きだした後、グループ化する

    今度はグループ化した強みに関して、それを物語るエピソードを書きだしていきます。普段、こだわっていることなどでも構いません。すると、気づけば自分の強みとそれを物語るエピソードが揃うわけです。これをさらに具体的な言葉になるようにしていくと、エントリーシートの自己PR欄や、学生時代に力を入れたこと欄に書くネタはいつの間にか出来ています。

    おわりに

    就活は自分だけでやってはいけません。自分の強みは、みんなで探しましょう。

    (image by PIXTA)

    このライフレシピを書いた人