\ フォローしてね /

割り箸の袋に鶴を合体させる折り方

このライフレシピのもくじたたむ

割り箸の袋の先端に、折り紙の鶴を合体させる折り方をご紹介します。合体、といっても、袋と鶴は一枚の紙でつながっています。合コンでのワンポイントに、また、つまらない飲み会での暇つぶしにいかがでしょう。

折り方

まず箸袋の上側、斜めに切り込みが入ってる部分を剥がします。下の紙で正方形ができるようにします。

下の紙で正方形ができたら、正方形の左側を半分破ります。下から上へパタンと半分に折れるようにしておきます。

この状態から鶴を折り始めます。

向きを間違えると完成形が上下逆になるので気をつけてください。

先ほど破った部分をつかって、さらに反対側の羽の部分を折っていきます。

ここまで来ればあと一息!

鶴の足の部分を折ります。

鶴の完成です。最初に剥がした三角の部分は、袋の中に折り込んでおきます。

おわりに

かなり細かい手順ですが、キレイに折れる周りの反応も上々です。これを応用するとどこでも鶴を合体させることができます。お試しください。

Twitterで紹介!

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。