1. 趣味
    2. セーラー万年筆が教える!万年筆のインクの入れ方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    セーラー万年筆が教える!万年筆のインクの入れ方

    万年筆はサインペンと同様、毛細管現象(毛細管力)を利用した筆記具です。インクタンク内からインクを引き出し、ペン先へと伝わり、その先端から出るインクで筆記するものです。

    現在、万年筆のインク補充方法はもっとも簡易な「カートリッジ式」が主流ですが、大きく分けると補充方法には以下のような種類があります。

    • カートリッジ式
    • コンバータ式
    • カートリッジ/コンバータ両式
    • 吸入式

    ここでは各吸入方式の違いや、基本的なインク吸入方法を紹介します。

    本記事は、セーラー万年筆のご協力により、2012年に執筆されたものです。

    万年筆のインク部の構造

    カートリッジ式

    専用カートリッジを差し込むだけでインクの補充ができる簡単な補充方法です。新しいカートリッジを差し込み、中央を軽くつまむとすぐにインクが出てきます。

    カートリッジの形状はメーカーやモデルによって異なります。

    コンバータ式(カートリッジ両用)

    コンバータを使えば、ボトルインクから補充して使うことができます。 現在、一般的なのが、このコンバータとカートリッジの両方が使用できる両用式です。

    両用式は、ボトルインクもカートリッジも使えるため、用途によって使い分けが可能です。

    一部、コンバータを使用できないモデルもあります。コンバータもカートリッジと同様、形状はメーカーやモデルによって異なります。

    吸入式

    吸入式は、ボトルインクの中にペン先を入れ、尾栓を回転させることによりインクを補充する方法です。ペンの内部を簡単に洗えるので、気軽にインクの色を変えて楽しむことができます。

    インクの充填にほんの少し時間がかかりますが、万年筆ならではのインク補充の楽しみがあるということから、根強い人気がある方式です。

    インク補充の方法《カートリッジ式の場合》

    カートリッジ式を使用する場合は、まずカートリッジを正しく差し込むことが大切です。

    カートリッジの先端に穴が開くよう、真っすぐ押し込んで抜けないようにしてから、ペン先をやわらかい布でくるんで軽く振るか、カートリッジの中央部を軽く押すなどしてインクをペン先に馴染ませると、スムーズに書き出すことができます。

    カートリッジの差し込む向きを間違えないように注意しましょう。

    インク補充の方法《コンバータ式の場合》

    コンバータ式の場合は、以下のような手順で補充しましょう。

    STEP1

    本体とペン先部分を離します。

    STEP2

    コンバータをしっかり差し込みます。

    STEP3

    コンバータのノブを左に回してピストンを下げます。

    STEP4

    ペン先をインクボトルに入れます。

    ペン先のハート穴までインクが浸るように入れてください。

    STEP5

    ノブをゆっくりと右に回しながらインクを吸入します。

    STEP6

    ノブを左に回し(約2回転)、余分なインクを2、3滴落とします。

    こうすると筆記がスムーズになります。

    STEP7

    ペン先を上に向けてノブを左に回し切ります。

    STEP8

    ペン先の回りについた余分なインクはやわらかい布で拭き取って使用しましょう。

    インクの入れ替え方

    インクの色を替えるなど、インクの入れ替えをしたいときの方法を紹介します。

    インクとカートリッジはペンと同じブランドを使うようにしましょう! 違うブランドは故障の原因になります。

    カートリッジ式の場合

    カートリッジを取り外し、ペン先・ペン芯を洗浄してインクを取り除いてから、新しいカートリッジを装着しましょう。

    残っているインクと新しいインクが混ざらないように、よく洗浄してから入れ替えましょう!

    吸入式・コンバータ式の場合

    胴、ペン先、ペン芯のインクを吐き出させ、よく洗浄してから新しいインクを入れます。

    残っているインクと新しいインクが混ざらないように、よく洗浄してから入れ替えましょう!
    万年筆の洗浄・お手入れについては、以下の記事をご覧ください。
    セーラー万年筆が教える!万年筆の正しいお手入れ方法

    さいごに

    万年筆のインク補充は、これまで紹介したカートリッジ式・コンバータ式や、一般の吸入式の他に、現在ではあまり見かけない「てこ式吸入」等、さまざまなものがあります。

    それぞれに良い点や特性がありますので、ご自身の好みやスタイルに合わせてお選びください。

    複数形式の万年筆をお持ちの方は、すぐに書き出したいときにはカートリッジ、ゆったりとした時間の中で書くことを楽しみたいときには吸入式といったように、好みだけでなくシーンによって使い分けるというのも、楽しみの1つだと思います。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人