1. 料理
    2. 本格割り下で食す“本物のすき焼き”の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    本格割り下で食す“本物のすき焼き”の作り方

    市販のタレで食べるすき焼きとは、ひと味もふた味も違う、本格割り下の美味しいすきやきです。

    素朴だけども深い味わいのわりしたに、お肉の桜色を浮かべて、ほんのりと脂がとろけだした頃合に、溶き玉子にさっとくぐらせる……。嗚呼、これぞ日本の家庭の幸せの味。

    肉の旨味が染み込んだ旬の野菜、溶き玉子でつくるシメの玉子ご飯まで、肉本来の美味しさを味わいつくせます。下記のレシピを参考に、ぜひお試し下さい。

    材料(4人分)

    • 牛肉(すき焼き用)...400~600gくらい
    • 厚揚げ(または焼き豆腐)...大1丁
    • 生しいたけ...8~12個
    • しらたき...1玉
    • お好みの野菜(長ネギ、みつば、春菊、にんじんなど)...適量
    • 牛脂...1片
    • 玉子...4個
    • (A)しょうゆ...100c
    • (A)みりん...100c
    • (A)砂糖(三温糖)...大さじ3
    • 煮汁を薄めるためのだし汁...100~200cc

    本物のすき焼きの作り方

    STEP1:食材を切る

    厚揚げは2cm幅に切ります。しいたけは軸をとり、十字の切込みを入れます。しらたきはさっと湯通しして、食べやすく切る。ネギは斜めに大きく切ります。

    その他、野菜はそれぞれ食べやすく切っておきます。

    厚揚げではなく焼き豆腐でもOKです。
    野菜は各ご家庭でお好みのもの(しめじ、えのき、白菜、せり、玉ねぎなど)をどうぞ。

    STEP2:割り下を作る

    (A)の調味料をすべて混ぜます。

    STEP3:仕上げ

    鍋を熱したら牛脂を溶かします。そこへ牛肉とネギを入れて焼き、STEP2の割り下を入れます。煮立ったら、他の材料も入れて煮ます。

    STEP4:完成!

    煮立ったら、熱々を溶き玉子につけてどうぞ。

    煮汁が煮詰まってきたら、だし汁で薄めてください。

    食べ終わった後に

    具を食べ終わったら、ゆでうどんを入れてもおいしいです。

    Twitterで紹介!

    (image by 筆者)
    (image by nanapi編集部)

    このライフレシピを書いた人