\ フォローしてね /

アナログでまとめよう!A4ファイルで料理レシピをまとめる方法

このライフレシピのもくじたたむ

料理を作る際、雑誌・テレビ・インターネット等で紹介されたレシピを参考にしていらっしゃる方も多いかと思います。

料理のレパートリーが広がると、食事を楽しむ時間も増えていきます。

筆者自身、料理レシピを見るのが大好きで、沢山のレシピを参考にしながら、調理を楽しんでいます。

そこで、今回はたまってきた料理レシピのまとめ方を紹介します。

用意するもの

A4サイズのポケット付きファイル(数冊)

レシピを見ながら調理する際、調味料などで汚れても、すぐに拭き取れるため、透明ビニールのポケットつきファイルをおすすめします。

また、肉料理・魚料理・ドレッシング等、料理のジャンルごとにファイルを変えて保管しておくと、献立を考える際便利です。

レシピが増える事を考えて、40ポケット位のファイルがおすすめです。

マスキングテープ

A4サイズより、小さいレシピを台紙に貼付ける時に使用します。

入れ替えする際に、マスキングテープを使用しておくと、奇麗に剥がす事ができるので、おすすめです。

蛍光ペン

レシピの中で注意するポイントに、蛍光ペンで印をつけておきましょう。

やり方

STEP1:保管するレシピを用意する

保管するレシピを用意しましょう。

雑誌の料理本は、レシピ以外の記事も多く含まれているため、自分が必要なレシピだけを切り取っておくと、本が嵩張りません。

雑誌を切り抜く際は、調理手順だけではなく、完成した料理の写真も一緒に切り抜いておくと、料理を始める際イメージがわき易いです。

また、インターネットで料理レシピを検索した場合、カラーコピーしておくと、出来上がりの色合いなども見ることができるので、カラーコピーをおすすめします。

雑誌などで切り抜いた記事で、用紙が小さいものは、そのまま入れると、ビニール袋の中で、動いてしまうため、マスキングテープを使用して台紙に貼りつけます。

STEP2:ポイントを蛍光ペンでラインを引く

レシピのポイントに蛍光ペンでラインを引きましょう。

例えば、調理する際、気をつけたい火加減など、レシピの中にポイントとなる記事が、記載されている事があります。

レシピを見ながら調理していると、ついつい見落としてしまう事があるので、大事なポイントには、蛍光色でわかりやすくしておく事を、おすすめします。

STEP3:ファイルのポケットにレシピを入れる

ファイルのポケットにレシピを入れましょう。

印刷したり、切り抜いたレシピをファイルに入れる際、自分が頻繁に作りそうなレシピや、年間を通じて作れるレシピを前の方に入れておくと便利です。

おわりに

健康のためにも、バランスよく、そして楽しく食事をする事は大切な1つだと思います。

筆者自身、新しいレシピが1つ増えるたびに、料理が益々楽しくなってきます。

自分で作ったレシピファイルを眺めていると、とても愛着がわいてくるのではないでしょうか。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。