1. コミュニケーション
    2. 【常見陽平直伝】就職ナビサイトへ徹底ツッコミをして企業理解をする方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    【常見陽平直伝】就職ナビサイトへ徹底ツッコミをして企業理解をする方法

    ここでは志望先の企業を決める上でも、ESを書く上でも役立つ、企業研究のコツを紹介します。

    本記事は、就活の栞のご協力により、2012年に執筆されたものです。

    ナビサイトに疑問を持とう

    前提として、ナビサイトは広告です

    それを悪く言うつもりはないですし、ウソを書いているわけではないですが、企業からお金をもらって、作っているということを今一度意識しておきましょう。

    つまり、悪いことを書くわけがないのです。「先輩社員のぶっちゃけ情報」なども掲載されていますが、それも企業側から発信したものであり、過度な期待を抱かぬよう意図したものなのです。

    ナビサイトを有効活用する方法

    あえてコンパクトにまとまっている情報に、ツッコミをいれまくることによって、疑問点を明らかにする事で有効活用しましょう

    例えば、「ソリューション営業」という言葉があったら、「それってどういうことだろう?」と疑ってみるのです。この作業は、ぜひ画面をプリントアウトして行ってください。赤ペンを持って書きこむことによって、頭も冴えてくるものです。

    ここでわからなかったことを企業のホームページ、ニュース記事、雑誌の特集や書籍で調べたり、OB・OG訪問、会社説明会、選考などで質問し肉付けしていくのです。

    ちなみに、プリントアウトし、赤ペンをいれまくったものは社員と会う際に持っていくと効果的です。質問がしやすくなりますし、「こんなにかっこよく書かれているのか・・・実態は・・・」というホンネも聞きやすくなりますよ。

    おわりに

    簡単な情報からも逆に得られるものはあります。ぜひ、ツッコミを入れることで深掘りしてみましょう。

    (image by PIXTA)

    このライフレシピを書いた人