1. コミュニケーション
    2. 【常見陽平直伝】自己PRの7つの技術

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    【常見陽平直伝】自己PRの7つの技術

    ここでは、就活で使える自己PR7つの技術を紹介していきます。

    本記事は、就活の栞のご協力により、2012年に執筆されたものです。

    1:事実を棚卸しする

    PRをつくるための材料をまずは棚卸ししましょう。

    自分の強みや特徴と、それを物語るエピソードなどを棚卸しします。これは、自分だけでなく、仲間と一緒にやるといいでしょう。自分だけでは気づかない強み、エピソードというものもあるものです。

    同様に、弱みなどについても情報を整理しておきましょう。

    2:意味付けする

    そして、エピソードに意味付けをします。

    そこから何を言いたいのか?ということです。非常に簡単に言うと、「この人を採用すれば得か?」ということです。

    これをさらに分解すると、

    • 「うちの会社で活躍できそうか?そのための能力がありそうか?」
    • 「成長しそうか?成長する素質、成長するスタンスを持っていそうか?」
    • 「タイプとして、ウチの会社に合いそうか?(ただし、ここはこだわらない場合も)」

    などになります。ちなみに、就活はついつい「すごい体験がないか?」という自慢大会だと捉えられがちです。「すごい体験」がなくても内定が出た人は、上記のような「この人を採用したら得だな」という証拠があったから採用されたのです。

    3:コンセプトを考える

    コンセプトは言いたいことの根本にあるものです。

    自分とは何か。言いたいことは何か。自分の強みと弱みの対比、掛け算によってもこれは明らかになってきます。

    4:空気言葉を使わない

    「すごく」「多くの」「とても」など、一見もっともそうで、「それってどれくらい?」と突っ込みたくなるような、空気語は使うのはやめましょう。

    採用でのコミュニケーションは、自分についてのレポートです。明確に表現しましょう。

    5:盛らない、むしろそぎ落とす

    本当に言いたいことは何なのか?

    むしろ削るモードでいきましょう。誤解なきように言うと、ざっくりした表現で良いと言っているわけではありません。

    また、複数のエピソードを言うなと言っているわけでもありません。要は何を伝えたいのか、そのために言うべきことは何かを考えてみましょう。

    6:解像度にこだわる

    受け手は、アナタのことを鮮明にイメージできるでしょうか?

    そのためには、その表現の解像度が高くなくてはなりません。長く説明しろと言うわけではありません。あなたがまるでそこにいるかのように、そして仕事で活躍しているかのように、表現できていますでしょうか?

    そのためには、やはり自分を解像度高く捉え、適切な言葉で表現する必要があります。

    7:証拠を明確にする

    なぜ、そう言えるのか?証拠を提示しましょう。

    PRを創るということは、別に奇をてらうことではなく、言いたいことは何かを突き詰めて考え、表現する行為です。

    おわりに

    自己PRの際には、今一度、自分とは何か、何を伝えたいのかを考えてみましょう。

    (image by PIXTA)

    このライフレシピを書いた人