\ フォローしてね /

【常見陽平直伝】就活難民にならないための7大理論

就活難民とは、なかなか内定に至らず、就活が長期化している状態にあることを言います。ここでは、就活難民にならないために理解しておくべき考え方を7つ紹介していきます。

本記事は、就活の栞のご協力により、2012年に執筆されたものです。

1:「価値を生み出す」

仕事とは価値の創出と、提供であり、それにより対価を得る行為です。

あなたはどんな価値を創造したいですか?お給料がもらえるのは、価値を創出するからです。そして、顧客がお金を払ってでも得たいと思う価値を創造するのは苦行プレイそのものです。この前提をまず理解しましょう。

2:「気持ちいい会社」

新卒の就活で選ぶべき会社は「気持ちいい会社」

株主、従業員、顧客、経営者、社会...。それぞれにとっていい会社は違います。自分のライフステージによっても違います。一人ひとり「いい会社」は違うのです。まず、その前提を理解しましょう。

そして、新卒の就活で選ぶべき会社は「気持ちいい会社」です。もし、同じ会社で長く勤めたいと思うなら、「肌」や「空気」が合う会社。

つまり、組織風土が合う会社を選んでください。できるだけ多く、その会社の社員に会って、また会社見学もして、確かめましょう。

逆に、いくつかの会社を渡り歩きたいのなら、20代のうちに最大限に成長できる会社を選びましょう。別に研修が充実している会社ではありません。若いうちから本気で仕事を任せる会社です。

3:できる人、化ける人

企業が求める人材とは、出来そうな人、化けそうな人です。

それを確かめるために、過去の事実から物事に取り組む姿勢を判断したり、その場で考えさせたりするわけです。

自分だったらどんな人を採りたいか?そう考えるとよいでしょう。

では、相手にとって自分を採用するべき説得材料とは何か?過去の事実を棚卸ししつつ、考えてみましょう。

4:自分の言葉

採用するべき人材のポイントは「自分の言葉で自分を語れるかどうか?」です。

自分の言葉で語るためには、相手のことと自分のことを調べた上で、自分をさらけ出す勇気を持つことが大切です。自分の言葉で語れる人は信頼できます。

5:ホップ・ステップ・ジャンプ

週刊少年ジャンプのキャラのように、際限ない成長を目指しましょう。人はきっと変身できます。自分の可能性に蓋をしないようにしましょう。

6:ライバル

すごいライバルがいれば、刺激と安らぎがあり、頑張れるものです。

他大学の就活仲間をたくさん作りましょう。就活は1人でやってはいけません。みんなでやるのです。濃い情報が手に入ります。元気が出ます。そして、就活ブルーにもなりにくいわけです。

7:強い未来予想図

これがあればがんばれます。

今の自分にとらわれてはいけません。未来の自分にかけるのです。社会、企業、自分のあるべき姿を考えましょう。

おわりに

就職難民にならないよう、是非参考にしてみて下さい。

(image by PIXTA)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。